基本として捉えるべきこと

ピョンヤンにあるリュウォン・シューズ工場は色々な良質のシューズを生産していることで人々によく知られた工場です。

チュチェ104(2015)年1月、敬愛する最高指導者金正恩委員長がここリュウォン・シューズ工場を訪れました。金正恩委員長は工場の各所で生産と経営活動がどうなっているか詳しく把握し、サンプル室の陳列台にあるシューズを見ました。

そして陳列台にある子供用と季節別のシューズ、いろいろな運動靴を喜びの中見て、工場で生産の多種化、多様化、多色化を実現する上で大きな成果を達成したと評価しました。また人民が使おうとしない質の悪い製品はいくら多く生産しても必要がない、産量を増やすと共に品質を高めるのを基本としてとらえるべきだと言いました。

人民が利用する物はすべてが最高の品質のものでなければならないというのが金正恩委員長の人民に対する観点でした。このように仕事での基本が何かを教えた金正恩委員長は、日ごとに高まる人民の生活上の要求と文化水準に合う履物、世界的に有名なブランドと渡り合える履物を生産するための方途を明るく示しました。

今、工場の労働者たちは人民の要求を絶対的な基準とし、良質のシューズを生産するために全力を尽くしています。

(今日の朝鮮)

ike191005007_002.jpg
2019年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-11 (月) 14:14:44