効果的な栽培の経験

各地のハウス農場で野菜生産を活性化する取り組みが活発になる中、ピョンヤンでもハウスでの野菜生産を高い水準に引き上げるための栽培の良い経験が積まれています。

ピョンヤン・ハウス農場では野菜の生育に効果のある炭酸化栄養強化剤を積極的に取り入れて、野菜の産量を増やしています。炭酸化栄養強化剤である「オクド第1号」を導入してから、作物の根の活性が活発になり、野菜の栄養状態が改善されて、従来より収穫が2割伸びました。

マンギョンデ区域野菜ハウスでは作物の栄養物質の吸収を促進させ、間作にも励んで野菜の生産を増やしています。ここでは、肥やしと籾殻を使って土壌の塩気を下げ、作物の栽培に有利な条件を作っています。また、間作に励んで害虫の被害を減らし、面積当たりの産量を増やしています。

ソグ公共施設建設事業所ではサイクルシステムを導入し、良質の有機肥料を利用してハウスでの野菜生産を増やしています。事業所のハウスでは総合畜舎から出る家畜の排泄物を野菜の栽培に利用しています。

チョ・チャンイル課長のお話です。

「化学肥料を全く使わずにハウスで野菜を栽培しています。家畜の排泄物を利用して野菜の生育期日を20日程度早め、丈夫に育てるばかりか、収穫も5割ほど高めるなどメリットが多いです。平方メートル当たりの収穫を上げるため間作もしています。有機肥料を使って、年に野菜の4毛作が可能です」

これらの効果的な栽培の経験は他のところにも広く導入されています。

(今日の朝鮮)

ike220517013_001.jpg
ike220517013_002.jpg
ike220517013_003.jpg
ike220517013_004.jpg
ike220517013_005.jpg
ike220517013_006.jpg
ike220517013_007.jpg
ike220517013_008.jpg
ike220517013_009.jpg
2022.06.17の記事
年中新鮮な野菜を供給しよう


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-06-18 (土) 21:03:14