凱旋門

凱旋門はピョンヤンのモラン峰*1の麓にあります。朝鮮を解放して凱旋した偉大な金日成主席の不滅の業績を末永く伝えるため建てられました。主席は、チュチェ34(1945)年10月14日、ここモラン峰の麓で凱旋演説を行いました。

記念碑は、主席の生誕70周年を迎えるチュチェ71(1982)年4月14日に除幕されました。4階からなる凱旋門は、高さ60メートル、間口50.1メートルです。1階の中心には四方に通じるアーチ型の門があります。門は主席の生誕70周年を象徴して70輪のつつじの花で縁取りされています。

両側の壁面に「1925」、「1945」の年代が浮き彫りにされ、その下にはそれぞれ6人からなるレリーフ像が配されています。1925年は主席が革命活動を始めた年であり、1945年は朝鮮の解放を成し遂げた年です。レリーフ像は金日成主席を解放なった国に迎える朝鮮人民の喜びと新生活への熱い思いをリアルに表しています。

そして2階の前と後の壁面に不滅の革命賛歌「金日成将軍の歌」が刻まれ、左右の側面には父祖の山ペクトゥ山*2が象られています。これは厳しい抗日革命闘争を勝利へと導いた主席の20年の歴史を敬虔な気持ちで思い起こさせています。凱旋門は伝統の様式を現代感覚と建築の特性に見事に調和させています。

不滅の大記念碑、凱旋門とともに国を解放した偉大な金日成主席の業績はいついつまでも伝えられるでしょう。

(観光)

IKE190309032_001.jpg
IKE190309032_003.jpg
IKE190309032_004.jpg
IKE190309032_005.jpg
IKE190309032_006.jpg
2019年の記事
 

凱旋門は朝鮮を解放した偉大な金日成主席の不滅の業績を末永く伝える大記念碑です。チュチェ34(1945)年10月14日、偉大な金日成主席が凱旋演説をしたピョンヤンのモラン峰*1の麓に建てられています。主席の生誕70周年に際してチュチェ71(1982)年4月14日に除幕しました。高さ60メートル、間口50.1メートルの4階建ての石造建築です。

1階の中心には四方に通じる高さ27メートル、幅18メートルのアーチ型の門があります。門は主席の生誕70周年を象徴して70輪のつつじの花で縁取りされています。両側の壁面には「1925」、「1945」の年代を表す浮き彫りがあり、その下にはそれぞれ6人の人物像があります。1925年は金日成主席が革命の道に出た年で、1945年は朝鮮の解放を成し遂げた年です。人物像は解放された国に主席を迎えた朝鮮人民の喜びと新生活創造への熱烈な志向をリアルに表しています。

2階の前と後ろの面の中心には不滅の革命賛歌「金日成将軍の歌」が刻まれており、左と右の壁面にはペクトゥ山*2が描かれています。ペクトゥ山には抗日革命闘争を勝利へと導いた主席の栄光輝く革命活動の歴史が秘められています。

凱旋門は現代的でありながらも民族色の濃いユニークな造りの建築です。

凱旋門と共に国を解放した金日成主席の業績は末永く伝えられています。

(観光)

ike200702019_001.jpg
2020年の記事
 

ピョンヤンのモラン峰*1の麓に建てられた凱旋門です。凱旋門はチュチェ34(1945)年、国を解放して凱旋した偉大な金日成主席の不滅の業績を末永く伝えるモニュメントです。

チュチェ71(1982)年4月、金日成主席の生誕70周年に際して除幕しました。高さ60メートル、間口50.1メートルの4階からなる石造りの建造物です。1階の中心に高さ27メートル、幅18メートルのアーチ型の門が四方に通じています。門の縁は主席の生誕70周年を意味する70輪のつつじの花で浮き彫りにされています。

両側の壁面には「1925」、「1945」という年代がレリーフされ、その下にレリーフ像があります。1925年は金日成主席が革命を始めた年で、1945年は朝鮮を解放した年です。レリーフ像は解放なった国に主席を迎える人民の喜び、新しい生活創造への熱い思いをリアルに表しています。

2階の前後の壁面の中心には不滅の革命賛歌「金日成将軍の歌」の歌詞が、その左右の壁面にはペクトゥ山*2が刻まれています。ペクトゥ山には抗日革命闘争を勝利へと導いた主席の栄えある革命活動の歴史が宿っています。

凱旋門は現代感覚と伝統の建築様式が見事に調和したユニークな建造物です。

(ご案内)

ike220709014_001.jpg
2022.08.04の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1  牡丹峰(모란봉)
*2  白頭山(백두산)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-08-27 (土) 19:45:38