全人民科学技術人材化の構想

今、世界の多くの国が人材育成を最優先課題としてその実現に向けて励んでいます。朝鮮では全人民科学技術人材化のスローガンを掲げて、広範な勤労者に現代科学技術を身につけさせています。

社会のすべての構成員を大学卒業レベルの知識を持つ知識タイプの勤労者、科学技術の発展の担当者に作るのが全人民科学技術人材化の本質です。この構想は敬愛する金正恩総書記が示したものです。

チュチェ102(2013)年6月のある日、金正恩総書記は増改築されたピョンヤン基礎食品工場を訪れました。その時、総書記は工場の従業員が学んでいるネット講義室も見ました。工場の労働者、技術者、管理職がキムチェク工業総合大学のネット教育に加わって学んでいるということを聞いた総書記は、ネット講義室で教育を受けるのを全人民学習システムと呼ぶべきだろうと言いました。

総書記は全人民科学技術人材化の大構想を暖め、チュチェ103(2014)年6月、全人民学習の大殿堂である科学技術殿堂*1を建てることを決心しました。科学技術殿堂は2年足らずの間に建てられ、チュチェ105(2016)年1月1日、竣工の運びとなりました。

この殿堂は、人類が達成した科学技術の成果の資料をデータベース化し、さまざまな資料のダウンロード、情報共有、情報交流を可能にする多機能化した科学技術のサービス施設です。科学技術殿堂を中軸として全国規模のネットを形成し、最新科学技術の資料が中央から末端に至るまで水が流れるように普及するためのプロジェクトが推進中です。

同じ年、ある工場を現地指導した金正恩総書記は、ネット教育を通じて大学を卒業した従業員がイノベーションに積極的に加わっているということを聞きました。総書記はネット教育のおかげを十分被っている工場だとし、自らの科学技術陣営が成長して、工場の力で実情に応じて生産工程を近代化できることになった、と誇りに満ちて言いました。そして工場では、従業員を先端科学技術でしっかり武装させることに常々関心を向け、準備された有能な科学技術人材を引き続き増やしていかなければならないと教えました。

全人民科学技術人材化を実現して、人民経済の飛躍的な発展を遂げること、近いうちに朝鮮を科学技術強国、人材強国につくること、これが金正恩総書記の目標で揺るぎない決心です。

(フィーチャー)

ike210611014_004.jpg
ike210611014_001.jpg
ike210611014_003.jpg
2021.07.13の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 과학기술전당

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-07-14 (水) 18:37:54