住宅を通して見た国の恩恵

先日「朝鮮の声」放送のドイツのリスナー、マルティーン・ポストさんから共和国の住宅建設の詳細を知りたいとのリクエストがありました。

30年以上も前から市の住宅建設会社に勤めているというマルティーンさんは住宅建設が100パーセント国家負担で行われるのか、さもなければ他の財源投資もあるのか、貸間はどのようなシステムで行われるのか、など多くの問題に関心をお持ちのようです。

チュチェ102(2013)年1月、ピョンヤンの都心にあるチャンジョン通り*1のある住宅で次のような対話が行き交いました。

― 家賃はいくらなのか?
― よくわからない。
― では、どのようにしてこの家に住むようになったのか?
― 国からもらった。
― 無料で?
― そうだ。

質問をしていた外国人は言葉に詰まりました。自分たちの国でこれぐらいの家をもつには莫大なお金がかかるといって目を丸くするのでした。

朝鮮といえば、長い間、帝国主義連合勢力の制裁と圧力を受けている国です。その様な情況の下でも人民に住宅を無料であてがっているのですから驚くのも無理ありません。しかし、共和国ではこれがごく当たり前のこととなっています。

共和国での人民的政策の1つがまさに国が人民に住宅を無料であてがうということです。都会や農村のどこでも人民誰もが、国が建ててくれた住宅を無料でもらい、非常に安い家賃を払って暮らしているとのことです。ちなみに共和国では家賃のことを住宅使用料と表現しています。

共和国では増え続ける住宅の需要を満たすため、毎年計画的に住宅建設が行われています。近年、建てられた金日成総合大学教育者住宅とマンスデ通り*2、チャンジョン通り、ウンハ科学者通り*3などピョンヤンの各所に新築された多くのモダンな住宅は、共和国の人民的施策のあらわれです。

都会ばかりでなく農村での住宅建設もすべて国の負担で行われています。ピョンヤンだけをみても住宅建設の雄大な設計図に従い、その実現のため多くの投資がなされていますが、ここからも、人民の住宅問題に対する国の関心の大きさを推し量ることが出来ます。

共和国の住宅無料配当の現実についてナイジェリアの新聞「ナイジェリアン・オブザーバー」はこう書いています。

「朝鮮の社会的施策は国際社会の大きな関心を集めている。それは、朝鮮が人民をもっとも大事にし、全てを人民に尽くす政策を実施しているからだ」

2012年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 倉田通り(창전거리)
*2 万寿台通り(만수대거리)
*3 銀河科学者通り(은하과학자거리)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-06 (木) 19:47:39