人みなを最新技術の持ち主に

今の時代は科学技術の時代であり、科学技術の発展の高さは国力の総体と国の地位を決める基準です。朝鮮では敬愛する最高指導者金正恩委員長の優れた導きの下に敵対勢力の経済、技術の封鎖を自強力で粉砕し、科学技術の発展に総力を結集しています。

今も、人民軍軍人と人民は、チュチェ105(2016)年の元日、科学技術殿堂の竣工式でテープカットをした金正恩委員長の優しい姿を忘れていません。この日、殿堂の各所を見た金正恩委員長は、これが正に労働党の構想が具現された人民みなが学ぶ大殿堂、最新科学技術の普及の拠点だ、新年の扉を科学で開いたと言って、大変喜びました。人民皆を最新科学技術の持ち主に育てるため、科学技術殿堂の建設を発案し、何度も建設現場を訪れて、建設における全てのことを明らかに示した金正恩委員長でした。

風光明媚なテドン川の辺に立派に建てられる科学技術殿堂を眺めて、今、この地には10年でなく、1年経てば山河が変わると言う新しい時代語が生まれた、共和国は朝と夕が違い、今日と明日が違うほど非常に速いスピードで姿を一新している、と言いました。そして、人民にまた1つ、大切な贈り物を送るようになったことが大変嬉しくて、国のことで大忙しですが、夕闇が迫ってくるまで献身の足跡を印しました。

工場、企業を訪れると、実情に応じて統合生産システムを構築したことを見てとても喜び、科学技術普及室に入ると、その運営を着実に行うようにと重ね重ね念を押した金正恩委員長です。勝利者の大会、栄光の大会として共和国の歴史に末永く輝く朝鮮労働党第7回大会での報告でも、科学技術強国は社会主義強国建設で今、我々が優先的に達成すべき重要な目標だとし、全人民の科学技術人材化の実現について示しました。

金正恩委員長の科学技術強国建設の大志に接して、朝鮮人民は科学技術は社会主義強国建設を推し進める原動力であり、科学技術の発展に人民の幸せと国の明るい未来を手繰り寄せる早道があると言う真理を胸に深く刻みました。

(今日の朝鮮)

IKE180813003_001.jpg
IKE180813003_002.jpg
IKE180813003_003.jpg
2018年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-28 (金) 17:01:05