不滅の花に真心を捧げる

朝鮮では偉大な金正日総書記の誕生日である2月16日の光明星節を民族最大の祝日として迎えています。

意義深い光明星節が日1日と近づく今、ピョンヤンのチュン区域((中区域(중구역))0の金日成花・金正日花温室では不滅の花金正日花が1枚、2枚、と花びらを開いています。国と人民のために生涯のすべてをつくした金正日総書記への心からの敬慕の念と恋しさが花びらに秘められ、なおも美しく咲かせるようです。

栽培がかりのチョン・ウンジュさんのお話です。

「昔から花は人の心が咲かせるものだと言われていますね。この不滅の花々に総書記へと馳せる私たちの思いがそのまま映っています。総書記への恋しさ募るばかりの朝鮮人民みなの思いまで合わせて四季折々、太陽の花を咲かせようとの燃える衷情の念があって、こうした美しい花園が生まれたのでしょう」

温室が建てられて何年しかありませんが、ここの従業員は総書記を永遠のチュチェの太陽と仰ぐ思いを込めて毎年、不滅の花を丹精して育ててきました。今年もここの人たちは科学的な栽培法を積極的に取り入れて、太陽の花を原種の特性を生かして、また例年になく大きく、美しく咲かせています。

温室に花の成長に必要な照明も補充し、適切な光を保障するため遮光幕も改造しました。そして、関係機関との連携の下、温湿度の管理を始め、温室環境をリアルタイムで測定して知らせる環境監視コントロールシステムを導入することで、栽培管理の科学化を図りました。

これに留まらず、たびたび技術学習も行って、みなが栽培の優れた経験と技術を学ぶようにしています。わけても施肥と水やりなどを責任を持って行っており、花のつぼみが膨らみ始めるにつれ、花をより美しく咲かせるための科学的・技術的対策を立てています。こうして真冬にも不滅の花を一様に大きく育てています。ここで立派に咲かせた不滅の花はすでに数回の金正日花の祭典で高い評価を受けました。

金正日総書記への切なる恋しさを胸に、不滅の花の栽培に真心を尽くしているこのような熱い思いの人たちがいて、太陽の花金正日花はこの地のいずこでも永遠に咲き続けるでしょう。

(今日の朝鮮)

IKE190107007_001.jpg
IKE190107007_002.jpg
IKE190107007_003.jpg
IKE190107007_004.jpg
2019年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-11 (月) 17:22:24