不抜の威力を持つ主体の社会主義国家

偉大な金正日総書記は、2008年9月5日、著作「朝鮮民主主義人民共和国は不抜の威力を持つチュチェの社会主義国家である」を発表しました。その時から4年が経ちました。著作で明らかにしたように今、共和国は政治、思想の強国、軍事強国として不抜の威力を持つチュチェの社会主義国家の名を馳せています。

偉大な金日成主席によって共和国が創建された時から64年が経ちました。共和国の不抜の威力は、この半世紀以上もの間、勝利の歴史だけを綴ってきたことを見てもよく分かります。

創建されて2年もならない共和国は帝国主義強敵であるアメリカの侵略を退け、3年間の祖国解放戦争で勝利しました。そして、短い間に戦争の被害をなくし、自主、自立、自衛の社会主義強国になりました。

1968年1月、共和国の領海に侵入したアメリカの武装情報収集艦プエブロ」が朝鮮人民軍海軍に拿捕されたことを機に、アメリカは傲慢にも情勢を戦争間際へと導きました。この時、共和国は「報復」には報復で、「全面戦争」には全面戦争で応えるとの爆弾宣言でアメリカを屈服させました。そればかりか、1969年4月、共和国の領空に侵入したアメリカの大型スパイ機EC-121を撃墜し、アメリカ侵略者に容赦ない懲罰を加えました。

共和国は1980年代の末から1990年代初めにかけて、多くの国で社会主義が崩壊された厳しい時も、革命の赤旗を高く掲げ、チュチェの社会主義を固く守りました。世界の社会主義の塞に輝く共和国を何としても抹殺しようとするアメリカと追従勢力の押しつぶし策動を断固粉砕し、社会主義を守り抜きました。

アメリカを頭とする帝国主義連合勢力が核のことでいつになく共和国に対するプレッシャーを強めた1990年代の前半にも核不拡散条約からの脱退を宣言し、国と民族の自主権と尊厳を守りました。帝国主義者の執拗な押しつぶし策動のため、「苦難の行軍」、強行軍と呼ばれるほど国が最も苦しい中にあった時も、偉大な金正日総書記の先軍政治で、敵対勢力の侵略策動をそのつど粉砕し、社会主義一路へと進みました。

今も共和国は政治、思想の強国、軍事強国の名を馳せ、経済強国建設を推し進めて社会主義強盛国家建設の最終的勝利目指して力強く進んでいます。共和国が長い間、勝利の歴史だけを綴ることが出来たのはまたといない偉人たちを党と国家の最高指導者に戴き、チュチェ思想、先軍思想の旗の下、軍隊と人民みなが一丸となって社会主義強盛国家建設に奮い立ったからです。

メキシコの新聞「ウニダド・ナシオナル」は「不抜の社会主義の塞」と題した記事で、この60年余りの間、朝鮮民主主義人民共和国は社会主義一路を進んできた、今、共和国が、不抜の社会主義の塞として世界の注目を集めているのはしっかりした指導思想と強い国力、一枚岩のような大衆的基盤があるからだと書きました。

共和国はこれからも敬愛する金正恩同志の周りに一丸となって自主の道、先軍の道、社会主義の道を力強く進み、不抜の威力を持つ社会主義国家の威容を世界に轟かすでしょう。

IKE120804026_22.jpg
2012年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-12 (水) 09:56:54