不世出の偉人たちの許で

朝鮮社会主義女性同盟中央委員会チェ・ミョンオクさんの手記をお送りしましょう。

今、朝鮮の女性は、社会主義制度に恵まれて、幸せで尊厳ある生活を送っています。私にはそれについての忘れがたい思い出があります。私は娘時代、女性海岸砲兵中隊に勤めました。その中隊は、偉大な金日成主席と金正日総書記の足跡が印されている中隊です。

チュチェ61(1972)年、主席は組織されたばかりの中隊を訪れ、女性も武器を手に敵軍と戦えると力づけました。苦難の行軍と呼ばれるほど国の事情がとても苦しかった1990年代、総書記は何度も中隊を訪れました。熟した柿の実が落ちないように糸でつないで、総書記が来る日を待ち焦がれたという感動深い話から、柿の木の中隊*1と呼ばれました。

当時、中隊長だった私に会った総書記は、銃を取って党と革命、国と人民を守る女性の軍人みなは大事な女性革命家であり、誇るべき国の娘だと高く評価しました。その後、除隊した私は、数年前から女性同盟で活動しています。

同盟活動家に赴任して間もないチュチェ101(2012)年11月、私は光栄にも、敬愛する最高指導者金正恩元帥と共に記念写真を撮りました。その時、私は第4回全国母親大会に参加していました。

撮影場に姿を現した元帥は大会参加者の熱烈な歓呼に応え、第4回全国母親大会は母親と共にわが国と民族の明るい未来を開いていく意義深い契機となる、高潔な忠誠心と熱い愛国心で国と民族に任された時代の本分を全うしている立派な母親たちを持っているのは、朝鮮労働党と人民の大きな誇りだ、と言いました。そして、国と次の世代のために尽くしている女性たちを高く評価しました。

実に、元帥の信頼は深くも深いものでした。昨年も、元帥は朝鮮民主女性同盟第6回大会の参加者と共に記念写真を撮り、励ましてくれました。その日、私たちは、元帥の導きに従って、先軍革命偉業に全てを尽くす決意を固めました。

私は、私たち皆の運命そのものである金正恩元帥に限りなく忠実な女性革命家として一生を尽くしたいと思っています。

IKE170210023_987.jpg
2017年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 第4302軍部隊傘下のカムナム(柿の木)中隊。東海岸にある女性対艦砲部隊。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-11 (火) 22:44:39