一生を朝鮮画と共に

美術アトリエセンターのマンスデ創作社には晩年も朝鮮画の創作に携わっている金日成賞の受賞者、人民芸術家の称号を受けたリ・チャン博士がいます。歳こそは80歳のリさんですが、今も情熱を燃やして朝鮮画の創作に没頭しています。

リさんが朝鮮画と縁を結んでから早や50年以上が経ちました。幼い時、美術に人一倍趣味があったリさんは、手先が器用なことで周りの人たちを驚かせました。中学校を卒業したリさんは、アーチストになる夢を抱いて、ピョンヤン美術大学で朝鮮画を専攻しました。

アーチストとしてのリさんの名が初めて知られたのは、チュチェ55(1966)年10月に開かれた第9回国家美術展でした。リさんは、この展覧会に祖国解放戦争の時、人民が人民軍軍人と一丸となって敵軍と勇敢に戦った感動的なシーンを描いた朝鮮画「ラクトン川のおじいさん」を出しました。

会場を訪れた偉大な金日成主席は、リさんが創作した朝鮮画「ラクトン川のおじいさん」を見て、テーマが良いだけでなく、朝鮮画の技法もうまく生かした作品だと高く評価しました。その後、リさんが手がけた朝鮮画が多くの国際、国内美術展と祭典で1等に輝き、数十点に達する美術作品は国家所蔵品となりました。

リさんは娘たちをアーチストに育て、末娘のリ・ヘソンさんは今、マンスデ創作社の朝鮮画創作団で父と共に創作に携わっています。2人が創作した朝鮮画「革命の聖地サムジヨン市の新しい姿」は今年2月に行われた光明星節記念全国美術祭典で1等賞を授かりました。

今もリさんは民族の優れた点を大事にし、一層発展させるため朝鮮画の創作に知恵と情熱の限りを尽くしています。

(文化―芸術、スポーツ)

ike220521030_001.jpg
ike220521030_002.jpg
ike220521030_003.jpg
ike220521030_004.jpg
2022.07.30の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-08-24 (水) 19:36:42