ポトン川の新しい歴史

「1942年、大水で2000ヘクタール余りの耕地が冠水、1500戸余りの農家が水没、倒壊、5万人以上の被災民発生」

これは、ポトン川*1の氾濫によるピョンヤンの水難事故のデータです。

チュチェ35(1946)年5月21日、その水害の歴史に終止符が打たれました。解放された朝鮮での自然改造の初の大プロジェクトとして、ポトン川改修工事を発案した偉大な金日成主席は、この日、着工式に出ました。主席は着工の鍬入れをし、ピョンヤン市民の愛国の熱意を盛り上げました。

元々ポトン川改修工事は、日帝が300万の人員を動員して、10年間も引きずってきましたが、ついに完成できなかった膨大な工事でした。しかし、ピョンヤン市民は55日間に延べ59万9000人が加わって5キロメートルの堤防を築き、42万立方メートルの土を運び出して、工事を成功裏に完成しました。

ピョンヤン市*2ポトンガン区域*3人民委員会のキム・ミョンハク副委員長のお話です。

「ポトン川改修工事の後、金日成主席の関心の中、ポトン川の昔の川の跡に運河が掘られ、これを中心にして公園が新設されました。それだけではありません。川沿いに雄大で華やかな街が建てられ、文化生活施設とサービス施設が立ち並んでいます。ポトン川の移り変わりについて、主席の恩で笑いが花と咲くという歌のくだりもあるのではないでしょうか。ピョンヤン市民の血の涙が秘められていたポトン川にまつわる話は、歴史教材でのみ見られる昔話となってしまいました」

今、ポトン川の辺にまた一つの美しい景観が生まれています。

チュチェ110(2021)年3月、敬愛する金正恩総書記は、ポトン川沿いのあつらえ向きの場所にモダンな段々式の住宅エリアを建てる構想を練りました。

朝鮮中央放送委員会の記者ペ・ギョンミさんのお話です。

「ここ段々式の住宅エリアの建設現場にしばしば取材に出ています。くるたびに、見まがうほど変わっていくのがわかりますが、完工するなら、このポトン川の辺に緑に包まれたユニークな佇まいの段々式の住宅エリアが建てられ、さらに立派な公園もつくられるでしょう。いっそう美しくなるポトン川の姿、ピョンヤンの姿が目の前に浮かんでくるようです」

(今日の朝鮮)

ike210612003_001.jpg
ike210612003_010.jpg
2021.08.06の記事
 


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 普通川(普通江、보통강)
*2 平壌市(평양시)
*3 普通江区域(보통강구역)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-08-07 (土) 19:04:42