ハイカラな工場

ピョンヤンのリュウォン・シューズ工場は、ハイカラな工場として人民の間で評判です。

偉大な金日成主席と偉大な金正日総書記の気高い人民愛の精神を受け継いでいる敬愛する最高指導者金正恩元帥の現地指導によって、工場の現代化が進みました。

支配人のキム・ユンシルさんのお話です。

「人民に色々なしゃれたシューズを送るために気を使った金日成主席と金正日総書記によって、1988年、工場は竣工の運びとなりました。その後、主席と総書記は工場の生産実態に常に深い関心を向け、シューズの種類を増やし、品質を向上させるために腐心しました。主席と総書記の願いを実現するために、金正恩元帥は2015年1月、真冬の寒さもいとわず工場を訪れて、製靴部門で指針となる課題を与えました。そして、工場の現代化のための全ての懸案を解決してやりました」

元帥の現地指導に力づけられた工場の従業員は、短期間に工場の現代化と能力拡張の工事を完成しました。このことを聞いた元帥は、とても喜びました。

キムさんは続けて話します。

「2017年10月、又もや工場を訪れた元帥は、工場の全景を眺めて、誇るだけある工場だ、満点だ、と高く評価しました。そして、帝国主義者の孤立、押しつぶし策動にめげず、自分の力と技術、設備、国内の原料と資材に頼って生産した製品を1つ1つ見て、素晴らしい、と言いました」

姿を一新した工場で、統合生産司令室とデザイン、縫製、製靴など各職場の生産工程を見た元帥は、生産と品質の最良化を実現したのが良い、朝鮮人の知恵は尽きないものだ、と重ね重ね評価しました。

そして、変貌を遂げた工場の姿にとても喜び、リュウォン・シューズ工場を見て満ち足りた気持ちだ、増産のためにフル稼働する機械の音は、必勝の信念と楽観に満ちて、自力自強の偉大な原動力で栄える社会主義強国づくりに励む軍隊と人民の力強い進軍の歌のように聞こえる、と言いました。

元帥の言葉に、工場の労働者たちは目頭が熱くなりました。工場の現代化のために尽くしたその労苦は伏せて、全ての成果を工場の労働者の功労とする元帥でした。その高い評価には、工場の現代化に尽くした労働者の努力を大切にする元帥の深い思いやりが秘められていました。

工場の労働者は今、元帥の崇高な人民愛の精神と信頼を胸に増産に励んでいます。

(今日の朝鮮)

IKE180402006_422.jpg
IKE180402006_444.jpg
2018年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-28 (土) 15:44:53