チャンス山

チャンス山*1は、朝鮮中西部のファンヘ南道*2一帯に聳えている名勝です。世界に広く知られているクムガン山*3、金剛山にたとえるほど美しい景色を持っているとして、ファンヘ南道のクムガン山と言う意味の「ファンヘクムガン*4」と呼ばれて来たと言います。

標高745メートルの山は、それほど高くありませんが、平野地帯にあるので高く見えます。最高峰はポジョクという峰*5ですが、ポジョク峰での観望美と屏風のように曲がり連なっている12の谷での渓谷美、チャンス山の岩の美を昔からチャンス山の3つの美と呼んで来ました。

ポジョク峰に登ると、南の方にスヤン山脈が、西の方にクウォル山脈が観望でき、山の下には見渡す限り広がっているチェリョン平野やなみなみと水をたたえているウンパとチャンスという湖が望めます。屏風のように曲がり連なっている12の谷*6での渓谷美は、チャンス山の景観で一番となっています。

幅50から150メートルの谷間に高さ150から200メートルの奇妙に重なり合った絶壁がおよそ12キロも広がっていて、壮観そのものです。また、水晶のように清らかな谷川の水が滝と池をつくり、それに青い松の木と赤いかえでなどがひとつに溶け合って、渓谷美をひときわ引き立てています。これらの絶景によりチャンス山は「渓谷美の女王」と称えられています。

岩の景色もチャンス山ならではの見物です。翼を畳んで鋭い嘴を出したままに座っているワシの岩、ふさふさとしたたてがみを立てて威厳を示すような獅子の岩、象の岩、艦船の岩などは腕利きの彫刻家が作ったようです。千の杖を束ねたように見えるチョンジャンという岩*7もあり、今も昔の文字がはっきりと現れている文字を書いた絶壁もあります。

チャンス山には、滝も沢山あります。水を浴びれば、特別気分爽快というセシムの滝、万病の薬になるというその名もヤクス、薬の水の滝、そして、数十メートルの高さの絶壁を白の錦をたらしたように、水しぶきを立てながら豪快に流れ落ちるスヤンの滝は、正に絶景の一言です。

山には、松、クヌギ、アベマキなどが生い茂っており、マルバレンギョウ、エノキなどの珍しい植物も多く育っています。また、ノロ、アナグマ、タヌキ、カッコウ、フクロウ、キジのような動物が住み付いていますが、キジが多くて「チアク山*8」とも言われて来ました。

チャンス山には、祖先の英知が息づく古跡もあります。外敵と戦った山城の跡をはじめヒョンアムとミョウムというお寺は、昔の人の才知を今に伝えています。特に、140メートルもある険しい絶壁に建てたヒョンアムはチャンス山のまたとない誇りとなっています。チャンス山に来てヒョンアムを見ずには一生の後悔になると言います。

今、チャンス山には共和国政府の人民のための政策によってスカイラインも充実され、宿泊所も立派につくられています。

2012年の記事
 

チャンス山*1は朝鮮の中部、ファンヘ南道*2にある山です。世界的な名山として知られた江原道のクムガン山*3、金剛山に比肩出来るほど風光明媚である事から、「ファンヘクムガン*4」と呼ばれています。標高745メートルです。

チャンス山は以前、キジの多いところから、キジの雉の字を入れて「雉岳山(ちあく山)*8」とも呼ばれましたが、山で暮らしていた多くの人達が新鮮な空気と水、薬草のおかげで長寿した事から「長寿」の意味の「長寿山(ちゃんす山)」と、その名が変わりました。

昔からチャンス山の「三美」が有名でしたが、「十二曲がりの渓谷美」と「ポジョク峰での展望の美」、「チャンス山の岩の美」です。

「十二曲がり*6」は合わせて約30里、朝鮮の10里が日本の1里に当たりますので3里ですが、この3里の区間の渓谷美はチャンス山で一番に数えられています。曲がり毎、自分なりの独特な絶景を誇っています。

谷間を流れる清い水と滝、水溜まり、青々と茂る松等は「十二曲がり」の自然美を際立たせる存在です。 それで昔から、「クムガン山は東部山岳地帯に君臨した山岳美の王、チャンス山は西部の平野地帯に彗星のように現れた渓谷美の女王だ」と言いました。

「ポジョク峰*5」はチャンス山で一番高い峰です。峰の形がまるで宝物を積み上げたように見えるといって、「宝積峰(ぽじょく峰)」という名前がつけられました。標高745メートルものポジョク峰に登って辺りを見渡しますと、遠くまで延びた山脈と山の下に広がる田野、湖が一望できます。

チャンス山の絶景で欠かせないのは「岩場の妙」です。鬣を立てて威張っている獅子のような岩、鼈の形の岩、象を髣髴させる岩、軍艦のような岩、千本の杖を一つに束ねたような岩等々、腕利きの彫刻家の作品を思わせる奇岩が沢山あります。千本の杖を一つに束ねたような「チョンジャン岩*7」はチャンス山に2つもあります。

世界的にも稀な扇形の褶曲である「チャンス山褶曲*9」です。まるで大きな扇子を広げたような褶曲はチャンス山の景色に彩りを添えています。

チャンス山には山城の跡をはじめ祖先の優れた才能を見せる遺跡と遺物もあります。4世紀初頭の中頃に建てられたものと推定される「チャンス山城」は外城と中の城から成り、周囲は12キロメートル程度です。

チャンス山には環状線の登山道が整えられ、東屋、食堂、宿舎等の施設が立派に築かれて、登山客の便宜を十分図っています。

(観光)

img_nk180622_01.jpg
img_nk180622_02.jpg
img_nk180622_03.jpg
img_nk180622_04.jpg
img_nk180622_05.jpg
img_nk180622_06.jpg
img_nk180622_07.jpg
img_nk180622_08.jpg
img_nk180622_09.jpg
img_nk180622_10.jpg
img_nk180622_11.jpg
img_nk180622_12.jpg
img_nk180622_13.jpg
img_nk180622_14.jpg
img_nk180622_15.jpg
img_nk180622_16.jpg
img_nk180622_17.jpg
img_nk180622_18.jpg
img_nk180622_19.jpg
img_nk180622_20.jpg
img_nk180622_21.jpg
2018.06.22 サイト動画の音声聞き書き
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1  長寿山(장수산)
*2  黄海南道(황해남도)
*3  金剛山(금강산)
*4  黄海金剛(황해금강)
*5  宝積峰(보적봉)
*6  十二曲(12곡)
*7  千杖岩(천장암)
*8  雉岳山(치악산)
*9  長寿山褶曲(장수산습곡)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-06-23 (土) 18:19:24