スポーツの大衆化

呉英淑(オ・ヨンスク):朝鮮労働党は国のスポーツの発展でスポーツの大衆化を一貫した政策としています。スポーツの大衆化というのは人皆がスポーツに加わって体を絶えず鍛えるという事です。

スポーツは選手やスポーツに趣味のある何人かの人だけに限るものではありません。人は誰もが健康を保ち発展する事を願うものです。健康を保護し増進する上で栄養管理や大事な薬剤も欠かせないものですが、最もよい補薬はスポーツです。

「壮健な体力に健全な思想が宿る」という言葉があります。壮健な体力は満々たる闘志と情熱の源で創造的活動の必須の保障です。健康な体を持っていれば労働生活に積極的に参加し科学探求にも精進する事が出来ます。肉体労働が次第に減り精神労働が増えている今の現実は、誰もがスポーツに意識的に参加すべきだという事を実証しています。

大衆スポーツは専門スポーツと有機的に関わっています。スポーツを大衆化し人民皆の体力を絶えず鍛える過程を通じて、スポーツを発展させスポーツの各種目をハイレベルに引き上げる事が出来ます。このことから大衆スポーツは専門スポーツの発展の元肥だといえます。

朝鮮では毎年10月の2番目の日曜日を「スポーツ記念日」、毎月2番目の日曜日を「スポーツの日」に定め国全体でスポーツの雰囲気を盛り上げています。また全国的なスポーツ競技と機関・企業・協同農場別に行なわれるスポーツ競技で、スポーツへの社会的関心は日増しに高まっています。そして「模範スポーツ郡(軍)・模範スポーツ機関称号獲得運動」が活発に展開され、「マリンスポーツ月間・ウインタースポーツ月間」等スポーツ月間の運営が盛んです。

スポーツを大衆化・生活化して人民皆がスポーツを好み国中がスポーツ熱気で沸き立つようにしようというのが、朝鮮労働党の意図です。

(政策)

2022.05.17 サイト音声の聞き書き
 


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-05-18 (水) 19:58:45