クムガン峰とクムガン洞窟

クムガン峰*1とクムガン洞窟*2は、朝鮮の6大名山のひとつであるチルボ山*3にある名所です。1860年に「チルボ山遊覧記」で初めて紹介されました。

火成岩からなる峰と岩の洞穴であるクムガン峰とクムガン洞窟は、ひとつの山岳を成しています。山地はおもに噴出岩からなり、それが風化して奇妙な峰と岩となりました。

クムガン峰の相対的高さは35メートルです。

クムガン峰はまるで燃える烽火塔を思わせます。

クムガン峰の中腹の岩の隙間から松、かえで、朝鮮にわうめの木が育ち、四季を通して美しい色を付けますが、岩肌が露出したところも多くあります。

クムガン峰から約100メートル離れたところには、侵食作用により火成岩の弱い部分が削られてできたクムガン洞窟があります。

クムガン峰とクムガン洞窟は、噴出岩の形成と風化作用の研究で意義があるだけでなく、チルボ山の風致づくりにも一役買っています。

(観光)

ike191113031_001.jpg
2019年の記事
 

クムガン峰*1とクムガン洞窟*2は、朝鮮の6大名山のひとつであるチルボ山*3の名所である。

岩の峰と岩の洞窟であるクムガン峰とクムガン洞窟は、ひとつの山岳を成している。山地は、主に噴出岩からなっている。クムガン峰は、チルボ山で一番の名山と知られている。

クムガン洞窟は、クムガン峰の頂から約100メートル離れたところにある。獅子の口のような形をした洞窟は、幅12メートル、奥行き20メートルの自然洞窟である。洞窟の前には、一口飲めば10年はもっと長生きするという伝説が宿るクムガンの泉がある。

クムガン峰とクムガン洞窟は、噴出岩の形成と風化作用の研究で大事な資料となり、天然記念物に指定されている。

ike201017037_001.jpg
ike201017037_002.jpg
ike201017037_003.jpg
ike201017037_004.jpg
ike201017037_005.jpg

(観光)

2020年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1  金剛峰(金剛峯 금강봉)
*2  金剛窟(금강굴)
*3  七宝山(칠보산)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-03 (火) 18:49:44