朝鮮民族の始祖 檀君

タングン*1、檀君は朝鮮民族の元祖であり、朝鮮の歴史で初の国家を建てた建国始祖です。タングンが生まれた所は今のピョンヤン地方です。

タングンが生まれ、成長していた時は、より多くの富を手に入れるための種族間の戦争が頻発していた時でした。こうした時、原始共同体の酋長の息子に生まれたタングンは、幼い時から弓と槍、剣など武術の訓練に熱中し、自然と社会の道理を知るため努めました。この過程を経てタングンは社会を改造し、変革しようとの大志を抱くようになりました。

父の後を継いで酋長になったタングンは、紀元前30世紀初め、この地に初の古代国家を打ち立て、国名を朝鮮としました。古代国家の名を後の朝鮮と区別するために昔の朝鮮、即ち、古朝鮮と呼んでいます。

古朝鮮の成立によって朝鮮民族は東方で初めて国家時代に入り、単一民族として発展する実際の保証が作られました。初の奴隷制国家である古朝鮮の都をピョンヤンに定めたタングンは国力を強めて周辺の各種族を統合しながら次第に領土を拡大し、広大な領域を占める大国になりました。古朝鮮は約3千年間、存続しました。

社会科学院の歴史研究所の研究室主任クォン・スンアンさんのお話です。

「タングンは朝鮮が日帝の植民地支配下にあった20世紀前半、日帝の朝鮮歴史歪曲策動とタングン抹殺策動によって神話の存在として評価されてしまいました。チュチェ82(1993)年、ピョンヤン市*2カンドン郡*3にあるタングン王陵からタングンの遺骨が発掘、考証されて実際の人物であることが科学的に証明されました。タングン王陵から出たその遺骨の年代測定により、タングンの出生年代が今から5000年前であることが明らかにされました」

祖先はタングンが生まれた10月3日を開天節、つまり天が開けた日として、毎年、この日に多彩な催しを行なってきました。

今も朝鮮ではこの日を機に、祭事などが盛大に執り行われています。

2015年の記事
 

タングン*1、檀君は朝鮮民族の元祖であり、朝鮮の歴史で初の国家を建てた建国始祖です。タングンが生まれた所は今のピョンヤン地方です。

タングンが生まれ、成長していた時は、より多くの富を手に入れるための種族間の戦争が頻発していた時でした。こうした時、酋長の息子に生まれたタングンは、幼年時代と青年時代に弓術と槍投げ、剣術など武術の訓練に熱中し、自然と社会の道理を知るため努めました。その過程を経てタングンは社会を改造し、変革しようとの大志を抱くようになりました。

父の後を継いで酋長になったタングンは、紀元前30世紀初め、この地に初の古代国家を打ち立て、国名を朝鮮としました。この古代国家の名を後の朝鮮と区別するために昔の朝鮮、即ち、古朝鮮と呼んでいます。古朝鮮の成立によって朝鮮民族は東方で初めて国家時代に入り、単一民族として発展する実際の保証が作られました。

タングンは朝鮮が日帝の植民地支配下にあった20世紀前半、日帝の朝鮮歴史歪曲策動とタングン抹殺策動によって神話の存在として評価されてしまいました。チュチェ82(1993)年、ピョンヤン市*2カンドン郡*3にあるタングン王陵からタングンの遺骨が発掘、考証されて実際の人物であることが科学的に証明されました。タングン王陵から出たその遺骨の年代測定により、タングンの出生年代が今から5000年前であることが明らかにされました。

今も朝鮮ではタングンが生まれた日を開天節、つまり天が開けた日として、毎年、この日に多彩な催しが行なわれています。

(観光)

IKE170905045_001.jpg
IKE170905045_002.jpg
IKE170905045_003.jpg
2018年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1  단군
*2  平壌市(평양시)
*3  江東郡(강동군)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-03 (水) 16:51:38