幸せはどこから

昔から朝鮮人民が望んで止まなかった福のうち、五つの福というのがありました。その中でも一番に数えられたのは無病長寿でした。病気に罹らず長生きする秘訣、その一つが歯によるものです。それで歯が健康なのを五つの福の一つとして、その福は生まれつきのものだと言われて来ました。

平壌のムンス*1地区には、子供と女性、勤労者の健康の為の近代的な病院が揃った病院村があります。朝鮮の女性が実家と呼ぶ産科病院の平壌産院、メルヘンの中の宮殿を思わせるオクリュ小児病院*2、朝鮮式入母屋屋根の高麗医学研究院、リュギョン眼科総合病院*3、キムマンユ病院*4等々。

ここ病院村にリュギョン歯科病院*5もあります。病院はチュチェ102年(2013)にオープンしました。

リュギョン歯科病院副院長ソ・ヨンチャンさん。

「リュギョン歯科病院には人民を一番大事にし、その人民に充実した治療条件をつくってあげようと心を砕く敬愛する最高指導者金正恩委員長の細やかな配慮が宿っています。病院の敷地を見立て、建設現場を訪ねては治療設備はどうまかない、専門医はどう揃えるかに至るまでこまごまと注意を与えました。開院後も訪ねて、人民が治療を受ける姿を見て患者が痛い思いをしないようにと、念を押しました」

人民への歯科医療の土台は偉大な金日成主席と偉大な金正日総書記によって築かれました。各道毎に歯科病院があり、郡・区域の人民病院には歯科分院があります。これ等は保健医療の条件を十分に整えています。ハムギョン南道*6歯科病院だけを見ましても地方都市の病院ですが、とても近代的です。

ハムギョン南道歯科病院院長リ・ミョンファンさん。

「ハムギョン南道歯科病院は偉大な金正日総書記の発案によって建てられました。フンナム肥料連合企業所の一部の労働者が歯のために苦しんでいるということを知った金正日総書記は、生産も大事だが、それにも増して労働者の健康が大事だといいました。そして新しく病院を建てようとし多くの設備まで送りました」

医長ホ・ミョンヒさん。

「当時、こんなエピソードも生まれました。チェアユニットを輸入する時、外国の専門家たちは他の国では王や大統領のような元首レベルの専用として買うという設備を、朝鮮では地方都市の病院の設備として買うことに疑問を抱いたとのことです。これを聞いた金正日総書記は、わが国には王がいないのでどうしたら良いのかと言って大きく笑い、わが国では人民が主人なので人民が使ってしかるべきだ。正に労働者をここに座らせるべきだと言ったといいます」

この病院でハムギョン南道の人達が無料で全ての歯科治療を受け始めて、もう40年近くになります。無料治療、これは朝鮮で実施される重要な国家及び社会的施策です。全ての医療ケアが無料で行なわれ、診察費・治療費という言葉すら知らない朝鮮人民なのです。療養所に行き来する旅費までも国家負担です。

全般的無料治療制は1950年代初めの苛烈極まる祖国解放戦争の時から実施されました。厳しかったその時に無料治療制の実施という措置が執られるとは、誰も想像出来なかった事でした。人民を天の如く見做し、人民の為には何も惜しまない金日成主席だけが構想し実践する事の出来る歴史的な出来事でした。

チュチェ69年(1980)4月には人民保健法が採択され、無料で治療を受ける公民の権利が公的に裏付けられました。今朝鮮人民は治療を受ける心配も無く幸せに暮らし、平均寿命は日を追って延びて百歳を越える長寿者が増えています。

リュギョン歯科病院*7も日増しに増える社会主義保険医療制度が生んだ、人民の為の又一つの病院です。最新歯科設備が完備し診断から治療に至るまでの全ての医療ケアもハイレベルです。

即時インプラント移植及び即時負荷治療をはじめ、先端医学技術に属する治療も行なわれています。病院の環境は患者の便宜を最大限図っています。童心に合う心理調節方法で圧迫感を与えず合理的な治療を行っています。

子連れで来院した母親の話。

「子を病院に一度連れて行くというのがどんなつらいことでしょう。怒ったり、なだめすかしたり、とやっとの思いでつれてきました。今日もこのようにして歯科病院に来ました。ところが、子がどんなに喜んでいるのか分かりません。治療を受けに来たのか、遊びに来たのか見分けがつかないくらいですよ」

若い女性患者の話。

「もともと歯が丈夫ではありません。親たちも歯が悪かったと言います。それで仕方ない、痛む歯を頭から抜いてしまおうとばかり思っていましたが、このように何回か治療を受けてすっかり治りました」

年配の女性患者の話。

「ここで歯を補いましたがとても気持ちが良いです。若い時は知らなかったのですが年を取るにつれ歯が全部だめになり、苦労しました。ところがこんなに素晴らしい病院で入れ歯をしたので、10年は若返ったようです」

長い歳月、生まれつきのものと思っていた五つの福。しかしそれは決して生まれつきのものではありませんでした。社会主義保険医療制度の下で朝鮮人民誰もがその福を味わっています。

世の中の誰もが望んで止まなかった無病長寿の夢が、この地で現実になっています。

(今日の朝鮮)

img_vok190629_01.jpg
img_vok190629_02.jpg
img_vok190629_03.jpg
img_vok190629_04.jpg
img_vok190629_05.jpg
img_vok190629_06.jpg
img_vok190629_07.jpg
img_vok190629_08.jpg
img_vok190629_09.jpg
 
2019.06.29 サイト動画の聞き書き、字幕抜書き
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 紋繍(문수)
*2 玉流小児病院
*3 柳京眼科総合病院
*4 金萬有病院(キムマニュびょういん、김만유병원)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)にある総合病院。(Wikipedia)
*5 柳京歯科病院
*6 咸鏡南道(함경남도)
*7 柳京歯科病院

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-30 (日) 17:00:33