障害者閲覧室

ピョンヤンには全人民学習の大殿堂、先端科学技術の普及の拠点として立派に建てられた科学技術殿堂があります。

誰もが恵まれた環境で科学技術の情報のサービスと教育を受けられる科学技術殿堂には障害者向けの閲覧室もあります。この閲覧室は二つのエリアからなっています。コンピューターが集中的に配置されているこのエリアでは科学技術殿堂のサイトや他のローカルネットへの接続が可能であり、またオンラインシステムによる教育も受けられます。

障害者は介護人あるいは司書の世話になってコンピューターを利用することができます。閲覧室には目と耳の不自由な人のためのウェブ閲覧用端末機が揃っています。パソコンには朝鮮労働党と共和国の障害者保護政策、障害者キーパーソン、社会文化関連の資料、科学技術関連の動画など、様々なデータをオーディオ化する障害者専用プログラムが搭載されています。

目の不自由な人のためのキーボードは点字形式のものであり、ドッドプリンターによる閲覧サービスが提供されます。耳の不自由な人はディスプレーに表示される字幕と手話動画を通じてコンテンツを十分理解できます。閲覧室にはまた書架エリアが設けられていて、障害者は各分野の常識の資料を閲覧できます。

科学技術殿堂で部長を務めるキム・チュンシムさんのお話です。

「障害者閲覧室を多くの訪朝客が見学していますが、殿堂に障害者閲覧室が設けられたことは驚くべきことで、障害者の便益を最大限計れるよう設備も充実している、この一つを見ても朝鮮で障害者の保護に深い関心が向けられていることがよく分かると言っています」

IKE170505003_001.jpg
IKE170505003_002.jpg
IKE170505003_003.jpg
IKE170505003_004.jpg
IKE170505003_005.jpg
IKE170505003_006.jpg
IKE170505003_007.jpg
2017年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-19 (月) 15:31:33