男女平等権法令

シン・ヨンイル:女性は世界人口の半分を占めていますが、久しい前から男女平等権利保障の為闘って来ました。今、各国で世界の進歩的女性の団結を強め、その力を誇り示す日として記念している国際婦人デー、この国際婦人デーは1910年に制定されました。

当時、朝鮮は日本帝国主義者の植民地でした。朝鮮の女性は封建の束縛と日帝の植民地支配下で二重三重に虐げられ、蔑まれ、血の涙を流しながら暮らしていました。血みどろの抗日対戦を展開して国を取り戻した偉大な金日成主席は解放された翌年のチュチェ35年(1946)7月30日、男女平等権法令を公布しました。

9ヵ条から成る男女平等権法令には女性が国家・経済・文化・社会・政治・生活の全ての領域で男性と同等の権利、即ち男性に等しく選挙する権利と選挙される権利、労働の権利、同一の生活し社会的保健及び教育の権利を持つという事等が規定されていました。男女平等権法令が公布されて、朝鮮では70数年前から女性の平等権と政治的権利がしっかり保障されています。朝鮮の女性は国の主人として国家・社会活動に自由に参加し国の発展に寄与しています。

チュチェ108年(2019)に選挙された朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議第14期代議員の中で女性が17.6%で、今年の1月に行なわれた朝鮮労働党第8回大会の女性代表者は1割を占めていました。また2011年から2020年までの10年間に350人余りの女性が博士号を取得し、女性の英雄社会主義愛国功労者が多く輩出しました。2012年と2016年にオリンピックの2連覇を果たした重量挙げ選手も女性でした。

朝鮮の女性は平等な労働の恩恵を受けています。女性は男性と同じく国家から労働に参加する権利、労働保護の権利、社会保障の権利を受けています。住民地区はもちろん女性の多い工場・企業にも託児所と幼稚園があり、国家の負担で子供を育てています。三つ子と四つ子の母親には担当医がいて住宅と全ての保健医療・保育条件の保障等、特別の恩恵が施されています。そして沢山の子を産み育てる女性に母性英雄称号を授けています。

このように国家と社会の関心と保護・恩恵の中、朝鮮の女性は自主的で創造的な生活を思う存分享受し革命の片方の車輪を力強く押しています。

革命の片方の車輪、正にこの言葉に朝鮮の女性の社会的地位がそのまま表われています。

(政策)

2021.07.28 サイト音声の聞き書き
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-07-29 (木) 19:54:16