地場産業の活性化

朝鮮労働党中央委員会第8期第4回総会では、一般消費財の生産の活性化を重要な課題として与えていますが、今、これにのっとり、国の北西部にあるピョンアン北道*1で一般消費財の生産を増やしています。

この道では、地場産業工場で生産に拍車をかけて、人民に良質の消費財をより多く供給するために努める一方、一般消費財の展示会を定期的に開いて、実績を上げている工場の経験を広く紹介し、一般化しています。

これと共に、新製品の開発とクオリティーアップ、コストダウンに主眼をおいて、その懸案解決に力を入れています。従業員の技術技能の水準を絶えず高めて、人民に好まれる必需品の生産を活性化しているシンイジュ市内の地場産業工場で、消費財の品数を増やして人民の生活上の便益を図っています。

チョンジュ市*2とクァクサン郡*3、ソンチョン郡*4、トンリム郡*5などで、地元に豊かな原料源を利用して生産した衛生用品と子供の服、履物、わら製品などは人気上々です。

工場のイメージとなれる消費財の生産に拍車をかけているシンイジュ・カバン工場、ヒャンサン郡記念品工場などでも、内部の潜在力を極力引き出して、生活必需品の種類を増やし、品質を高めています。

道内の勤労者は成果と経験を踏まえて、一般消費財の多種化、多様化の実現に励んでいます。

(今日の朝鮮)

ike220211014_001.jpg
2022.03.19の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 平安北道(평안북도)
*2 定州市(정주시)
*3 郭山郡(곽산군)
*4 宣川郡(선천군)
*5 東林郡(동림군)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-03-20 (日) 19:42:20