名射手、名砲手に

敬愛する金正恩総書記は、朝鮮人民軍の戦闘力を強めるため労苦の限りを尽くしました。

チュチェ102(2013)年10月、朝鮮人民軍第4回中隊長、中隊政治指導員大会の参加者の射撃競技大会が行われました。人民軍の歴史上初めての大会で、金正恩総書記が直々、射撃競技大会を指導しました。

総書記は、軍人が政治と思想、肉体の面で用意万端でも射撃がまずいと任された戦闘任務を充分遂行できない、中隊長、中隊政治指導員が射撃の名人になれば軍人を百発百中の名射手に育てることができると言いました。

やがて競技が始まりました。中隊長、中隊政治指導員が目標に命中し、高い点数を取るたびに総書記は明るく微笑んで拍手を送りました。この日、総書記は、射撃競技大会を通じて、中隊長と中隊政治指導員が先ず自分から名射手になってはじめて軍人みなを名射手、名砲手に育てることができるということを深く悟っただろう、とし、射撃訓練をさらに強めるための課題と方途を与えました。

射撃競技大会を機に全軍に名射手、名砲手運動の炎がさらに燃え盛りました。その後、総書記の指導の下に軍事学校の教職員の射撃競技、高射砲兵射撃競技、女性ロケット砲兵射撃競技、砲射撃競技などと射撃訓練が行われました。

チュチェ109(2020)年4月8日、金正恩総書記は朝鮮人民軍の軍団別迫撃砲兵区分隊の砲射撃訓練を指導しました。金正恩総書記は、どの区分隊もみな砲射撃が上手だが、このような訓練は初めてだ、まるで砲弾に目があるように目標に命中した、とすこぶる満足でした。

そして、現代戦で砲兵武力の利用は作戦と戦闘、ひいては戦争の勝敗を決する最も重要な要因であるだけに引き続き、砲兵重視、砲兵強化のスローガンの下に砲兵の戦闘準備にさらに拍車をかけるべきだと言いました。

金正恩総書記の指導の下に人民軍軍人は百発百中の射撃の腕を持つ名射手、名砲手に育ち、人民軍の戦闘力はあらゆる面から強まりました。

(フィーチャー)

ike211117003_001.jpg
ike211117003_003.jpg
ike211117003_002.jpg
2021.12.26の記事


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-12-27 (月) 19:25:21