偉大な真理に魅せられて

チュチェ99年(2010)11月3日付の労働新聞に、当時のチュチェ思想国際研究所の理事長だったビシュワナス氏の文が載りました。

ビシュワナス氏は文でこう述べています。

「世界的範囲でチュチェ思想を研究し広める事、これが私の畢生の目的である」

80の峠を遥かに越えた身でありながら、チュチェ思想の永遠の支持者、宣伝者に生きる事を誓った、ビシュワナス氏でした。

幼年時代から学業に専念し正義感の強かったビシュワナス氏は、長い間外来侵略者に抑えられて来た祖国インド人民の自由と幸福の為に、身を捧げる覚悟で胸を燃やしました。こうしてビシュワナス氏は、進歩的な思想と理論について述べた本であれば洗い浚い読んでみ、各国の政治家に会っては初志を実現する方途を探し求めました。

しかしその精神的苦衷と悩みを癒す真理は見出せませんでした。そうしたある日ビシュワナス氏はインドのとある出版物から、偉大な金日成主席が創始したチュチェ思想を紹介した文を読みました。

世界の主人は人間で、歴史の主体は人民大衆である。
自己の運命の主人は自分自身で、自己の運命を切り開く力も自分自身にある。

この偉大な真理は一瞬にしてビシュワナス氏を惹き付けました。

ビシュワナス氏は訪朝の衝動に駆られ、1974年、ついに訪朝しました。そして偉大な思想が見事に具現された朝鮮の現実を目の当りにして、驚きを禁じ得ませんでした。その後ビシュワナス氏は平壌で開かれるチュチェ思想国際討論会等、色々な催しに参加する為に度々訪朝し、偉大な金日成主席と金正日総書記にも会いました。

ビシュワナス氏は日を追って世界に広まるチュチェ思想とその研究・普及の組織を見て、チュチェ思想は正に世界の人々を惹き付け力を与える自主の時代の指導思想である事を改めて感じました。

ビシュワナスしはこう話しました。

「世界には数限り無い主義主張が生まれたり消え去ったりします。しかしチュチェ思想は永遠の思想です。チュチェ思想は朝鮮に限るものでなく、世界が見習うべき思想です」

ビシュワナス氏は帰国して自主性を目指す人々にチュチェ思想を宣伝する為に、チュチェ思想の支持者と手を取り合い積極的な活動を展開しました。 努力は実を結んで「金日成百科全書」が発行され、「国際金日成賞」が制定されました。

ビシュワナス氏はチュチェ思想国際研究所理事長、国際金日成賞理事会、国際金正日賞理事会書記長として活躍し、生涯を閉じるまでチュチェ思想の研究と普及を止めませんでした。

偉大な思想、偉大な真理に魅せられて、一生をその研究と普及に捧げたビシュワナス氏は、今もこう叫んでいます。

「チュチェ思想、これは正義と進歩、発展と繁栄の霊験である」

(世界と朝鮮)

2018.03.31 サイト音声の聞き書き
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-01 (日) 11:00:03