その思いは女性の仕事場にも

偉大な金日成主席は生涯を通して人民のための現地指導を続けました。女性たちが働いている工場と企業、サービス施設にも金日成主席の現地指導の足跡が印されています。

チュチェ58(1969)年6月1日、金日成主席はピョンヤンにあるチュンソン炊飯工場を訪れました。この工場は女性たちを家事の重い負担から解放しようとの主席の崇高な意によって建てられました。小規模な炊飯工場にまで訪れるとは夢にも思わなかった女性の従業員たちは深い感動を覚えました。

その日の感動をピョンヤン市チュン区域総合食堂キム・スンウォル所長はこう話しています。

「金日成主席は1969年6月1日、チュンソン炊飯工場を訪れまして、私たち女性も考え及ばなかったサービスでの些細なことにいたるまでこまかく関心を持ちました。主席は厨房の餅を切る工程など全ての作業を機械化しなければならないと懇ろに教えました。そして女性たちが働くところであるだけに、工場をきれいに整え、運営も着実にしなければならないと再三念を押しました。それだけではありません。炊飯工場で住民の要請に応じて飯も炊き、餅も作り、麺類も作ってあげなければならないとし、さらにはトウモロコシの料理の作り方まで詳しく教えました」

自分たちの仕事場を訪れて営業のこまごまとしたことに至るまで詳しく教える主席の言葉から、人民に奉仕する忠僕になって欲しいとのその願いを汲んだ従業員みなは仕事に一層励むことを決心しました。

金日成主席は愛国ニット工場を訪れた時も、女性たちが仕事に精を出すことを強調しました。

愛国ニット工場のリ・ヨンランさんのお話です。

「金日成主席は工場を4回も訪れました。1971年、操業して間もない工場を訪れ、翌年、また訪れては女性たちがつくったニットウェアを詳しく見ました。男女別のいろいろなニットウェアを見て評価もし、またある製品については生産者も考え及ばなかった欠点を指摘した主席は、女性労働者が人民の奉仕者であることを自覚して1つ1つの製品に真心を尽くすようにと教えました」

いつも女性を押し立てた金日成主席の正しい導きによって、朝鮮の女性たちは社会の構成員として革命と言う引き車の片方の車輪を受け持って力強く押していくことが出来ました。

(偉人伝)

ike191015005_004.jpg
ike191015005_115.jpg
ike191015005_119.jpg
2019年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-20 (水) 14:35:34