1本1本の絵本にも

子供たち誰もが童話を素材にした絵本が好きです。子供たちを一番愛し、恩情の限りを尽くした偉大な金正日総書記と敬愛する最高指導者金正恩委員長は絵本の創作にも深い関心を向けました。

30数年前のチュチェ73(1984)年3月のある日、金正日総書記は、童話の絵本は子供たちの情操教育に良い、良質の紙で世界の有名な童話を始め色々な素材の絵本をたくさん作って、幼稚園の子供たちに送ろう、と言いました。

教育図書出版社では総書記の言葉を肝に銘じて、絵本の創作に力を入れています。子供たちを一番愛した総書記の思いを込めて、立派な絵本を作ろうと思って、出版社の創作家みなが工夫を凝らしました。

目標はユーモラスな絵と面白い話を取り合わせて、子供たちの知能開発の本を作ることでした。それも単なる絵本でなく、子供たちに物事の特徴や原理を興味深く知らせる一種の教材として、説明なしにも一目で分かるように作ることを、子供向けの絵本の創作のコツとしました。

「君もぼくもハハハ」、「何でも知りたい」などの絵本は出版されるやいなや、子供たちの間でとても人気でした。しかし創作家たちは成果に慢心したりしませんでした。

子供たちの知能が早いペースで発達する現実にふさわしく、1日も早く世界が到達した文明や先端技術の成果をその子供たちに伝えたい思いで絵本の創作に打ち込みました。先日も世界のトレンドに合わせて作った知能教育の本である「子供の知能開発」、「1人でやれる」、「1週間物語り」を刊行しました。

絵本の創作に捧げた創作家たちの人知れぬ苦労を推し量ったのは、金正恩委員長でした。チュチェ104(2015)年1月のある日、ピョンヤン愛育院を訪れた金正恩委員長は、絵本を1本1本手に取って本当に良い本だ、これからも子供の知能開発の本をより沢山作らなければならない、と言いました。

教育図書出版社の研究者チャン・デギルさんのお話です。

「金正恩委員長の思いやりをいつも忘れず、子供たちの知能発達に必要な色々な本をより多く作るつもりです」

出版社の創作家たちは今も新しい世代を一番大事にする金正恩委員長の気高い意に沿って、面白い絵本をより多く作るために知恵と情熱の限りを尽くしています。

(今日の朝鮮)

IKE180205005_001.jpg
IKE180205005_002.jpg
2018年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-09 (月) 13:09:29