環境保全のための研究で

社会の進歩に伴って、より綺麗で快適な環境で暮らし、活動しようとの人間の要求は一層高まります。ところが、いろいろな要因による地球環境の汚染と破壊のため、環境保全は世界的な問題として提起されています。

朝鮮では、環境保全を人民の生命と健康を保護し、立派な生活条件を保障するための事業、人民のための事業として重視し、国家的な力を入れています。環境科学技術研究院の研究者たちは、国の環境保全における科学技術上の問題を解決するのに知恵と情熱の限りを尽くしています。

近年、研究院では高性能の測定設備を製作して全国に導入しました。環境状態をリアルタイムで自動的に測定して顕示、記録、伝送できる機能を持つこの設備は、苦心の探求と努力の賜物でした。研究チームは、大気の汚染レベルを評価する基本指標のひとつである亜硫酸ガスの濃度をリアルタイムで監視、測定する設備を自らの力と技術で開発する目標を立てました。

世界的に広く利用されている測定設備のメカニズムと性能を科学的に分析した上で、朝鮮の具体的な実情に応じた測定設備を作るために、粘り強い努力を傾けました。それで、感度と再現性が高く、コントロールも便利な独特な自動測定器を開発するのに成功しました。そして、現地に赴き、関係者と協力して測定設備の性能を最大限に引き出すよう、いろいろな科学技術上の問題を解決してあげました。

これらの測定設備は、環境監視および監督部門だけでなく、都市経営部門と衛生防疫部門でも広く使われています。今、研究チームは、主な環境監視測定指標をリアルタイムで測定できる装置の研究をさらに深めています。

リ・ソンイル研究室主任のお話です。

「祖国の山河をより美しくし、人々により文化的な生活環境をもたらす上で、環境保全部門の研究者の役割は極めて大きいです。それで、私たちは国の環境保全に実質的に役立つ測定設備の開発に知恵と情熱を注いでいます」

(今日の朝鮮)

ike190507039_001.jpg
ike190507039_002.jpg
2019年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-05 (水) 13:04:31