朝鮮労働党の建設関連の政策

呉英淑(オ・ヨンスク):朝鮮労働党の建設関連の政策には党の政治理念である人民大衆第一主義が具現されています。人民大衆第一主義は人民大衆を革命と建設の主人と見做し、人民大衆に頼って人民に滅私奉仕するという政治理念です。

朝鮮労働党の建設関連の政策は先ず、人民の利益と便宜を最優先絶対視する建設についての政策です。朝鮮労働党は人民の要求と利益を優先し全ての建設を進めています。設計図の線1つ・点1つにも人民が目指し求める事が正しく反映されるようにし、建物を1つ建てても人民の美感に合い生活上の便宜を最大限図る原則を徹底させています。

建築物に対する評価も人民の評価を基準にしています。建築設計で利便性・美学面・インフラを優先させる原則を徹底的に守る一方、安定し保健衛生面・文化的な環境と条件を最高のレベルで保障する事に先ず関心が向けられています。そして全ての建築物が人民の情緒と美感・実情に見合うように、また多様でユニークながら用途にも合うように設計されています。

朝鮮労働党の建設関連の政策はまた、人民の福祉増進の為に何もかも惜しみなく投資するという事です。朝鮮労働党が建設で堅持している基本的方向は人民の福祉増進の為のプロジェクトに優先的な力を入れながら、国の経済土台を強化する為の産業建設と国土建設を同時に推し進める事です。朝鮮では国家建設総予算の相当分が住宅建設に支出されています。

第8回党大会では2021年から2025年までの国家経済発展5ヵ年計画期間に、住宅を大々的に建設する事を明らかにしました。これに従って平壌では5万世帯の住宅建設を目指して毎年1万世帯ずつ建設されています。

また朝鮮屈指の鉱物産地であるコムドク地区では2万5千世帯の住宅建設が進められて、文化的な鉱山都市が生まれています。これと共に各道・市・郡でも年次別に住宅の建設が推し進められ、特に農村住宅の建設が捗っています。

今後20年ないし30年を期限に国中の人民の生活環境を抜本から変える事により朝鮮を社会主義の理想国に、人民が最上の文明を享受し安らかで睦まじい生活が出来る社会主義の楽土につくろうというのが朝鮮労働党の揺るぎ無い意思です。

(政治―政策)

2022.11.20 サイト音声の聞き書き、BGM付き

ポトン川の新しい歴史わがピョンヤンのために新たな理想と抱負を語る一年(2021)為民献身の2021年国家負担で住宅を建てる国家負担による住宅建設今年格別に重視すること絶対的基準(普通江沿い段々式住宅)住宅を通して見た国の恩恵住宅建設を大々的に人民大衆第一主義の建築朝鮮労働党にとって一番重大な課題は徳義と愛情で強国の夢を!日増しに変貌するピョンヤン普通の人たちが住む通り文化的な生活をさせようと第一次的な重要政策の課題



TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-11-21 (月) 20:49:10