朝鮮の国樹・松

四季を通して青々とした針葉樹の松は、世界的に110種余りが知られています。朝鮮の国樹に指定された松の学名はパイナス・デンシフロラ*1です。

朝鮮で松は北部の高山地帯を除く標高800メートル以下の広い地域に育ちます。幹は一般的に曲がりくねっていますが、森林の中に育つ松の幹は比較的真っ直ぐに伸びます。幹の皮は赤茶色あるいは黒褐色で、亀裂が生じた後、はがれます。

松は生活力がとても強い植物です。根を張る能力が強いことから、痩せ地でも逞しく育つ特性があります。松は木の種類の中ではもっとも広い分布面積を持ち、その個体数も多いです。こうしたことから、古代文化の発生初期から朝鮮の自然風景を代表し、人民の生活と密接につながっていました。

社会科学院フォークロア研究所所長の教授、博士コン・ミョンソンさんはこう話します。

「朝鮮人民は昔から強い気概を松に譬えて来ました。こうしたことから朝鮮人民は『松から生まれ、松のなかで生き、松に葬られる』とまで言い、松に格別の愛着を抱き、丹精して育てました。朝鮮人民は青い松が森を成した秀麗な景色や白い砂と青い松を自然美の典型に、指折りの景観に数えて来ました。こうした景色は国の至るところにあり、松の多いところを意味するソンアク*2、ソンリム*3、ソンドウォン*4のような地名も生まれたのです。朝鮮人民の民族文化遺産の中には松をテーマにした優れた文学作品、芸術作品が少なからずありますが、代表的なものとして朝鮮の有名な画家であるソルゴがファンリョン寺の壁に描いた松を上げられますが、鳥が本物の松と間違えて飛び込み、壁にぶつかって落ちたという話は広く知られています」

四季を通して、青さを失うことなく、いかなる嵐にもめげることなく逞しく育つ松には朝鮮民族の気概がそのまま映っています。

(観光)

ike191211030_001.jpg
2020年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 アカマツ(赤松、学名:Pinus densiflora)は、マツ科マツ属の常緑針葉樹である。複維管束亜属(いわゆる二葉松)に分類される。別名はメマツ(雌松)。(Wikipedia)
*2 松岳、松嶽(송악)
*3 松林(송림)
*4 松涛園(송도원)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-26 (日) 12:37:30