希望が叶ったところ

キムウォンギュン・ピョンヤン音楽大学の教員で人民俳優称号の受賞者であるチョ・チョンミさんの手記をお送りします。

「日本に生まれた私は幼い時から音楽が好きでしたが、歌手になりたいと思ったことはありませんでした。その私が歌手になりたいと思い始めたのはチュチェ62(1973)年の夏、革命歌劇『花を売る乙女』を見た時からでした。当時、日本全土を揺るがした祖国のマンスデ芸術団は、私の住んでいた福岡県にも来て公演しました。生まれて初めて人々をうっとりさせる公演を見た私は、祖国で真の音楽を習って歌手になる夢を抱き、その年の10月、16歳の娘の身で帰国を決行しました。

私は芸術の殿堂である当時のピョンヤン音楽舞踊大学に入学して、有能な教師に習い、専用楽器のピアノも一番良いものを使いながら音楽の勉強をしました。季節ごとに無料で制服や学用品、奨学金まで与えながら勉強させる社会主義制度に恵まれて大学を卒業した私は、願い通り、貫禄がある芸術団であるピバダ歌劇団の俳優になりました。歌手になって数年も経たないうちに私は人々によく知られた革命歌劇『血の海』のヒロイン役を受け持ちました。夢を見るようでした。両親も世間知らずの少女の空想とばかり思っていた私の夢が祖国で叶いました。

その後、祖国の配慮で私は音楽の資質を高めるために再び母校で研修し、外国研修にも派遣されました。今も『社会主義の楽園』、『ありがたい祖国』を始め、私が歌った歌を聞いていますと、祖国で人民に親しまれる歌手に成長した日々のことが感慨深く思い起こされます。その間、私は国内で4回の独唱会を開き、国際コンクールにも入賞し、人民俳優の称号も授かりました。30数年の現役生活を終えた私は教育に携わり、多くの学生を育てました。その中には国の貫禄がある芸術団で歌手として活躍している教え子たちもいます。

私が祖国に帰ってからいつしか40年あまりの歳月が流れました。私には社会主義の祖国が民族の息子、娘皆の運命を守り、顧みるありがたい許に思われました。多くの海外同胞が敵対勢力のあらゆる妨害の中でも、民族性と民族の自尊心を守って堂々と生きていくのは、その心の中に偉大な祖国が自分たちの運命を守っているという確信があるからでしょう。そのありがたい祖国を、私が育てた教え子たちが誇りに満ちて高らかに歌って欲しいです。そして、私の努力がその成長の足しになればと思っています」

(今日の朝鮮)

ike210810006_001.jpg
ike210810006_006.jpg
ike210810006_002.jpg
ike210810006_003.jpg
ike210810006_004.jpg
ike210810006_005.jpg
ike210810006_007.jpg
2021.09.06の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-09-07 (火) 20:16:56