社会主義祖国に帰って

今から53年前の1959年12月16日、歴史的な出来事がありました。日本帝国主義植民地支配の時、日本に連れ去られた朝鮮人の帰国が実現したのです。夢にも描いていた祖国に帰った人々の顔には熱い涙がとめどなく流れました。そして胸は偉大な金日成主席への限りない感謝の念で一杯でした。その後、日本の反動勢力によって在日朝鮮人の帰国は試練にぶつかりました。

国際コンクールに入賞し、人民俳優の称号を受けたチョ・チョンミさんのお話です。

「祖国に帰りたいというのは異国に住んでいる同胞皆の切なる願いでした。血の涙の中での同胞の異国暮らしに心を痛めていた金日成主席は、帰国の実現に深い関心を払いました。こうして在日同胞の帰国は続き、私も社会主義祖国に来たのです」

小さい時から歌が好きだったチョさんはキムウォンギュン・ピョンヤン音楽大学で存分に才能を伸ばすようになりました。国では幼少にして親元を離れて来たチョさんが何不自由なく勉強できるよう制服と学用品を送り、奨学金まで払いました。その恩情の中、大学を卒業したチョさんは共和国の権威ある芸術団であるピバダ歌劇団の歌手になりました。

間もなく革命歌劇血の海」のヒロインの役を受け持ったチョさんは、倦むことを知らない熱情で見事にこなしました。また、国際コンクールにも入賞し、ソリストとしていつも拍手喝采を博しました。

「社会主義祖国での40年近くは、実に誇りに満ちた栄光の日々でした。偉大な金正日総書記は度々私の歌を聴いて上手だと評価し、直接会って力付けて下さいました。また、何回となく独唱会を開き、私の音楽CDを内外で広く発売するよう取り計らいました。こうして私は人民に愛される歌手になり、功労俳優、人民俳優の称号を授かりました。また、国際コンクールにも入賞しました。社会主義祖国でなかったら想像も出来ない栄光なのです」

このように、偉大な金日成主席による帰国の実現で社会主義の祖国に帰った人々は存分に才能を伸ばし、誇り一杯の人生を送っています。

2012年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-29 (水) 21:52:34