地場産業を発展させようと

共和国で地場産業の生産土台を固めるため励んでいます。地帯の特性に合わせて、地元の原料で野生の果実の加工品や木製品、陶磁器製品、食品、香料、ビニールフィルムなどを生産する地場産業工場は経済の発展と人民生活の向上で大役を果たしています。

ピョンヤン市の地場産業工場として有名なのはソンギョ陶磁器工場です。チュチェ35(1946)年11月に操業したソンギョ陶磁器工場では日用品と工芸品の陶磁器が生産されています。偉大な金日成主席は朝鮮が日帝の植民地支配から解放された直後の厳しかった状況下でも人民の生活向上のため陶磁器工場を建てるようにし、茶碗とどんぶりなどの陶磁器製品を生産するよう取り計らいました。

戦後には日用品工場を至急復旧して人民の生活に切実に必要な各種日用品を大量生産するようその解決策も詳しく立てました。金日成主席は工場の製品も数回に渡って見ました。この工場には偉大な金正日総書記の献身の足跡も印されています。

チュチェ50(1961)年5月、この工場を訪れた金正日総書記は各生産工程を見て、工場で生産されている陶磁器製品が悪くないとし、ソンギョ陶磁器工場で仕事に励み、共和国の陶磁器工業の発展に大きく寄与すべきだと言いました。このように、主席と総書記の関心の中、ソンギョ陶磁器工場は発展を続けることができたのです。

工場のチーフエンジニアのチャ・ヨンジンさんのお話です。

「工場で生産される日用品と朝鮮人民の英知宿る工芸品は外国人にも人気があります。工場の誇らしい歴史を自慢するのにとどまらず、一層輝かせていくつもりです」

ソンギョ食品工場もピョンヤン市で指折りの地場産業工場です。チュチェ62(1973)年4月のある日、夜遅く工場を訪れた金日成主席は各生産工程を見て、製品の衛生安全を徹底させることを強調しました。主席は製品の衛生安全を保つには生産工程の近代化を実現すべきだとし、その内容と方法に至るまで詳しく教えました。今、ソンギョ食品工場は全ての生産工程がライン化、オートメ化されています。

地場産業工場の発展に尽くしてなした金日成主席と金正日総書記の業績は朝鮮人民の心の中に秘められています。

(偉人伝)

ike200309023_002.jpg
ike200309023_003.jpg
ike200309023_004.jpg
ike200309023_006.jpg
2020年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-04-14 (火) 12:54:32