国の未来のために

朝鮮では子供を国の王様と呼び、子供のためなら何も惜しんでいません。敬愛する金正恩総書記は、朝鮮労働党中央委員会第8期第4回総会で、国中の生徒、学生に制服と学用品を国持ちで供給するのは、党と国家の一貫した政策だとし、新しい形の良質の制服とカバンを全ての生徒、学生のみなに供給するための党中央委員会の重大な措置を取りました。

すでに党中央委員会第8期第3回総会では、国家の負担で国中の子供たちに乳製品など栄養食品を供給するのを党の政策として出しています。金正恩総書記は、国の未来である子供を丈夫に育てることにまさる重大な革命課題はないとし、巨額の資金を投じてでもより改善された養育条件をつくらなければならない、これは、党と国家の一番重大な政策で、宿願だと言いました。

ピョンヤンのテソン区域*1託児所、幼稚園物資供給所ムン・ジョンヒさんのお話です。

「国持ちで子供たちに乳製品など栄養食品を供給するのを党の政策として出してから半年が過ぎました。母親もそうでしたが、託児所と幼稚園に直接物資を供給する私たちは感激を抑えることができませんでした。子供皆に乳製品が一日も欠かさず供給され、またそれをもらって喜んでいる子供たちを見るたびに考えは深まるばかりでした。金正恩総書記は子供たちが立派に食べて元気一杯に育つなら、20年、30年後のわれわれの社会はいっそう生気と活力に溢れ、共和国の力がそれだけ強くなるだろうと言いました」

総書記の心の中には常に子供たちがいました。子供たちとの約束を忘れずに、新年の辞を述べたその足でピョンヤン育児院と愛育院を訪れ、新しい街が建てられると先ず託児所と幼稚園、学校を訪れた総書記でした。そしてカバンが量産されるピョンヤン・カバン工場を訪れては、別世界に来たようだと言って明るく微笑み、ミンドーレ・ノート工場を訪れては、子供たちの明るい笑いと幸せのために一瞬たりとも生産を止めてはならないと念を押しました。

子供たちを育てるのにどんなに手数がかかっても、それを苦労でなく幸せに思う金正恩総書記です。

新しい世代のための道で生き甲斐を感じる父親そのものの金正恩総書記がいて、この地に子供たちの喜びに満ちた笑い声、幸せの歌声が響き渡り、朝鮮の未来はバラ色に輝くことでしょう。

(今日の朝鮮)

ike211210009_001.jpg
ike211210009_002.jpg
ike211210009_003.jpg
2022.01.17の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 大城区域(대성구역)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-01-18 (火) 19:37:54