リハビリ器具を自力で

医療ケアの水準は保健医療の進歩の尺度だと言えます。金日成総合大学ピョンヤン医科大学病院のリハビリ科の医師たちは、リハビリの質的レベルをさらに高め、人民の健康増進に極力役立たせています。

チョ・ソンミン医長のお話です。

「治療設備と器具を疾病の特性に合わせて利用するのがとても重要なこととなっています。科では、現存の治療設備と器具の利用率を最大限高めながら、自力で新たな治療設備と器具を製作して、患者の治療に取り入れるため励んでいます」

科では、超音波治療器、超短波治療器、極超短波治療器などを治療に効果的に取り入れて成果を収めています。病院のすべての専門科がリハビリを個別的特性に合わせて科学的にするというのは生易しいことではありませんでした。患者の性別と体質、疾病の特性と年齢に合う治療器の作動原理をよく知り、その性能を最大限高めるため苦心しました。

技術的な難題の解決のため、知恵と情熱を出し合い、いろいろな難治性疾患に対する治療方法を確立しました。それで、抗生剤なしにも短期間に小児急性膵臓炎と気管支喘息などを治療する条件を作り、治療期日も前よりはるかに縮めました。また、椎間板ヘルニアの患者が大地を闊歩できるなど、ここ数年の間に多くの人たちがリハビリを受けて完治しました。

昨年、患者に対するリハビリ過程に得た経験を体系付けた何冊かの参考書とリハビリで効果がある治療設備、器具を大学創立70周年を迎えて行われた科学技術の成果の展示会に出しました。特に、自力で作り出した紫外線治療器を「全国保健医療部門の科学技術の成果の展示会2018」に出し、高い評価を受けました。

ここの人たちは今年も、社会主義保健医療制度の恩恵が人々にくまなく行き届くよう、リハビリに必要な設備と器具をより多く作り出す高い目標を掲げています。

(今日の朝鮮)

IKE190107020_003.jpg
2019年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-20 (水) 15:41:40