光州学生事件

20世紀、朝鮮を不法占領した日帝の植民地支配政策は歴史に多くの惨たらしい事件を残しました。クァンジュ学生事件もその一つです。

1929年10月30日、南朝鮮のクァンジュ*1からラジュ*2という所を走る列車の中で、日本人学生が朝鮮の女学生を冷やかして侮辱した事件が起きました。民族的侮辱に憤激した朝鮮の学生達は傲慢無礼な日本の学生に当然の報復を加えました。

にも拘らず事件現場に駆けつけた日帝の警官達は、当然処罰すべき日本の学生を庇い朝鮮の学生達に暴行を加え拘束しました。そして11月1日には数百人の日本人学生と教職員を繰り出して、クァンジュ駅にいる朝鮮の学生達を襲撃させました。

これは朝鮮を占領し、あらゆる野蛮行為を欲しい儘にしていた日帝に対する朝鮮人民の怒りを爆発させる契機となりました。クァンジュ市の朝鮮の学生皆が11月3日、日帝の不当な民族的差別と弾圧に抗議して一斉に同盟休校を断行し、大衆的な反日デモに起ち上がりました。

クァンジュの学生達が手にした闘いの炎は国の至る所に急速に広がりました。学生達は「日帝を打倒しよう、植民地奴隷教育を撤廃せよ、朝鮮独立万歳」というスローガンを叫び、激しい反日デモを展開しました。

中央階級的教育館ソ・ウンギョンさんの解説です。

「これに慄いた日帝はクァンジュ辺りに戒厳令を敷き、クァンジュ市内及びチョンラ南道*3各地の警察部隊はもとより日本人から成る武装自衛隊、消防隊、日本人の学生と教員まで総動員してデモ弾圧に躍起になりました。日帝はクァンジュはもちろん全国の警察部隊を総動員して朝鮮各地の学校を封鎖し朝鮮の学生の大衆的蜂起を鎮圧する一方、逮捕・処刑する等極悪な弾圧作戦を行ないました。こうして朝鮮全土が愛国的な青年学生の血に染まりました」

クァンジュの学生達に対する日帝の弾圧は大衆的弾圧虐殺事件として、日帝の侵略的本性と野蛮さをそのまま見せるまた一つの契機となりました。

平壌建材技術大学の学生リ・ジンソンさんのお話です。

「過去、日帝が朝鮮の青年学生に犯した罪は絶対許せないものです。怒り心頭に発するのは、今、日本の反動勢力が過去の罪を心から謝り賠償するどころか侵略の歴史を美化し、歴史を歪曲して軍国主義再侵略の野望を実現しようと躍起になっている事です。私達新しい世代の青年学生は、クァンジュ学生事件をはじめ日帝が朝鮮で働いたあらゆる犯罪を忘れておらず、日本の過去の犯罪を必ず計算する覚悟で胸を燃やしています」

日本の反動勢力が過去の罪を覆い隠そうと小細工を弄するほど、朝鮮人民の対日決算の意思は一層強くなるだけです。

(時事評論)

2019.11.02 サイト音声の聞き書き
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 光州(광주)
*2 ナジュ、羅州(나주)
*3 チョルラナムド、全羅南道(전라남도)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-03 (日) 17:34:21