安國寺の銀杏の木

アングク寺の銀杏の木は、ピョンアン南道*1ピョンソン市*2のポンハクという町*3にあるアングクという寺の庭に育っています。アングク寺*4は503年に建てられ、その後、何度も改築されました。

この銀杏の木は1400年頃に植えたものです。雌木で、毎年100kgぐらいの実がなります。木の高さは31m程度です。10余りの基本の枝が張り、根元の周りは11m程度です。木は、南の方へ垂れて育っています。樹冠の幅は、東西24m、南北19.5m程度です。

チュチェ69(1980)年1月、天然記念物に指定されました。

(観光)

IKE190107033_001.jpg
IKE190107033_002.jpg
IKE190107033_003.jpg
2019年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 平安南道(평안남도)
*2 平城市(평성시)
*3 鳳鶴洞(봉학동)
*4 アングクサ、安國寺(안국사) ※一休さんの安国寺とは違う。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-28 (木) 15:25:53