われら幸せ歌う

ピョンヤンの風光に恵まれたテドン川*1の岸辺にピョンヤン育児院愛育院があります。ここ育児院と愛育院の窓辺からかわいい子供たちの歌声と笑い声が聞こえてきます。ここにも子供たちを一番大事にして温情の限りを尽くしている敬愛する金正恩元帥の熱い思いが込められています。

チュチェ103(2014)年2月のある日、金正恩元帥がピョンヤン育児院と愛育院を訪れました。「お父さん!」と呼びながら倒れんばかりにかけてくる子供たちを熱く抱いた元帥は一人一人の頬をなでながら今いくつで、みな元気かとやさしく聞きました。

この日、子供たちの生活についてつぶさに見聞きした元帥は同行した人たちに親のいない子供たちは誰よりも情を懐かしんでいる、われわれが親代わりに子供たちを立派に育てよう、子供皆が親のいない悲しみを知らずに元気に育って国の担い手になるよう見守ってあげようと熱く言いました。

そして風光の恵まれたテドン川の岸辺に一番すばらしい宮殿をつくって子供たちにあげようと言って、その敷地まで定めました。その後、元帥は先軍革命指導で多忙な中にも何度となく育児院と愛育院の建設現場に赴いて設計と建設を具体的に指導しました。

子供たちのためなら何も惜しまない元帥の精力的で細やかな指導により、ピョンヤン育児院と愛育院は短い間に恩愛宿る家、幸せの揺籃として見事に建てられました。子供たちに寄せる金正恩元帥の配慮は続きました。

チュチェ104(2015)年1月1日の朝。金正恩元帥は、この前、正月の日に来ると子供たちと約束したが、その約束通りに新年の辞を終えてこうしてやってきたと言い、育児院と愛育院をつぶさに見ました。

そして子供たちが皆ふっくらとして元気に見える、皆がはきはきしている、子供たちが喜びに満ちて正月を楽しんでいるのを見るとほんとうに嬉しい、と言って明るく笑いました。

元帥は愛育院の子供たちの迎春公演も見ました。子供たちは父親の前でのように歌を歌い、踊りを踊りました。満ち足りた気持ちで子供たちを眺めていた元帥は演目が変わるたびに一番先に拍手を送りました。

一点の陰りもない子供たちの笑い声が高らかに響いてこそ国中が明るくなると言って子供たちのためにいつも心を砕く金正恩元帥。

太陽のように暖かい元帥の許で何羨むものなくすくすくと育つ子供たちの明るく幸せな姿からばら色に輝くこの国の未来を垣間見る思いです。

2015年の記事
 
 

11月20日は、国連児童の権利に関する条約が締結されてから33周年になる日である。人権に関する国際条約の中で署名国が最も多いのがこの国連児童の権利に関する条約である。

朝鮮では子供が国の王様と呼ばれ、新しい世代のためのことが重大事となっている。親のいない子供を育児院と愛育院、学院で国家負担で育てている。全般的12年制義務教育を無料で実施している。いたるところに生徒の課外活動のための学生少年宮殿と少年団キャンプ場が立派に整えられている。

チュチェ110(2021)年6月、朝鮮労働党中央委員会第8期第3回総会が行われた。敬愛する金正恩総書記は国の未来である子供たちを丈夫に育てることにまさる重大な革命活動はない、巨万の富を投じてでもより改善された養育条件を作ってやるのはわが党と国家の最重大政策であり、最高の宿願だと強調した。

―子供のためのことは金銭で計算してはならない。
―われわれの活動はその始まりから終わりまですべて、国の未来である子供のために必要だ。

このような要求と意志が子供の権利保障のためのすべての政策の樹立とその実行のための施策に貫かれている。

子供の夢も希望もみな受け持って顧みるありがたい社会主義制度があって、朝鮮では「われら幸せ歌う」の歌声がいつまでも響き渡るだろう。

(世界と朝鮮―絆)

ike221019020_002.jpg
ike221019020_003.jpg
ike221019020_004.jpg
ike221019020_005.jpg
ike221019020_006.jpg
ike221019020_007.jpg
ike221019020_008.jpg
ike221019020_009.jpg
ike221019020_010.jpg
ike221019020_011.jpg
2022.11.19の記事


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 大同川(大同江、대동강)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-11-20 (日) 20:15:03