7.5グラム

ピョンヤン歯科衛生用品工場

練り歯磨きのチューブの生産で多額の利益を得ている

img_vok210610c_01.jpg
img_vok210610c_02.jpg
img_vok210610c_03.jpg
 

主任技師 ムン・ヨンスン

img_vok210610c_04.jpg

「チューブひとつの重さは7.5グラム程度です。簡単な構造ですが、五つものプラスチックの素材が入ります。種類別に回収しなければなりません」

 

工場の技術チームがチューブの再生工程を自力で確立

img_vok210610c_05.jpg
img_vok210610c_06.jpg
 

労働者 パク・ヒョンイル

img_vok210610c_07.jpg

「一日にチューブだけを300キログラム処理していますが、決して少ない量ではありません」

 

リサイクル化した原料でチューブだけでなく、再生プラスチックパイプも生産している

img_vok210610c_08.jpg
img_vok210610c_09.jpg
img_vok210610c_10.jpg
 

主任技師 ムン・ヨンスン

img_vok210610c_11.jpg

「再生チューブと新品のものは技術の面で別に差がありません。筒の部分だけでもプラスチックが6グラムほど使われますが、3.5グラムを再生利用できます。つまり3.5グラムが節約されるわけです。これは決して少ない量ではありません。チューブの100パーセント再生利用の計画が推進中です」

 

7.5グラム
塵も積もれば山となる

img_vok210610c_12.jpg
img_vok210610c_13.jpg
img_vok210610c_14.jpg

(フィーチャー)

2021.06.10 サイト動画の字幕抜き書き
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-06-11 (金) 18:53:57