30年以上も眼科医を務める

共和国のファンヘ北道人民病院の眼科の責任医師キム・ミョンウォルさんは、若い時から今まで数十年間、高い医術と真心で多くの患者に光明を取り戻してやりました。

それについて医長のカン・ウンチョルさんと看護婦のハン・スンヒさんのお話を伺ってみましょう。

「前にもそうでしたが、今も、キムさんの治療を受けようと多くの人が訪ねています。その中には片方の目、はては両目を失明された患者も少なくありません。そのような重患はいつもキムさんが受け持って治療しました」

「その通りです。キムさんは単に実力が高く、また経験が豊かで重患の治療を受け持ったのではありません。失明された患者に1日も早く光明を取り戻してやりたい思いから、進んで決断したのです」

人の目を明るくするためには医師の目から明るくならなければならない、これは長い間、眼科医を勤めたキム・ミョンウォルさんの座右の銘です。キムさんは進んだ治療法を積極的に取り入れ、現代医学に基づく新しい治療方法を確立するための研究でいつも先頭に立ちました。研究の過程は現代医学を習得する過程であると同時に、治療の幅を広げ、質的レベルを高める重要な契機となりました。

キムさんは治療の経験をより豊かなものにするため、ピョンヤンの専門病院の名のある眼科医を訪ねて行って、その積極的な援助の下、オペの技術をさらに磨きました。その間、様々な価値ある医療機器を考案して治療に積極的に利用し、眼科分野で失明率と発病率が最も高い白内障の治療に効果大の新たなオペの方法を取り入れると言う成果を達成しました。

患者のために自分の結膜もためらうことなく移植するキムさんの真心により、臨床の面では治療が不可能だという診断が下された人たちも光明を取り戻しました。人々の明るい目のために30数年間、すべてを尽くしたキム・ミョンウォルさんなので、共和国の中央社会主義愛国功労者となりました。

患者たちを骨肉のように思って心から労わる真面目な医師、キム・ミョンウォルさんです。今も社会主義保健医療制度の良さをみなが味わうようにと、真心を尽くしています。

キム・ミョンウォルさんのお話を聞いて見ましょう。

「高い医術と真心で患者の治療に励むこと、これが基本ですね。人々の明るい瞳に世界で最も人民的な社会主義制度の明るい姿がいっぱい映えるよう、全てを捧げるつもりです」

(今日の朝鮮)

ike191004016_001.jpg
2019年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-29 (金) 18:50:14