北極星2型テスト発射

12日、朝鮮式の新たな戦略兵器システムである地対地中長距離戦略弾道弾「北極星2型」のテスト発射が成功裏に行われました。

朝鮮労働党委員長で朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長朝鮮人民軍最高司令官の党と国家軍隊の最高指導者金正恩元帥が地対地中長距離戦略弾道弾「北極星2型」のテスト発射を現地で指導しました。

金正恩元帥は昨年8月、戦略潜水艦弾道弾水中テスト発射で収めた成果を踏まえて、この兵器システムを射程を延ばした地対地弾道弾に開発する課題を示しました。そして地対地中長距離戦略弾道弾「北極星2型」の開発状況について聞き、テスト発射の日付を定めその準備を現地で直接指導しました。

元帥は発射当日テスト発射の前に、軍事部門の労働者達が自らの力と技術、知恵で製作したキャタピラー式の弾道弾自走発射台の車両を見ました。金正恩元帥は監視所に登って地対地中長距離戦略弾道弾「北極星2型」のテスト発射の計画についてつぶさに聞いた後、発射の命令を下しました。

この度の発射を通して地上での冷発射システムの信頼性と安全性、大出力固体エンジンの始動特性が確証され、能動区間飛行時弾道弾の誘導及び操縦の特性、大出力固体エンジンの作業特性、段階別分離の特性が再確認されました。また能力アップの核弾頭の装着が可能な操縦先頭部の分離後、中間区間と再突入区間での姿勢操縦及び誘導、迎撃回避軌道の特性等が検証され、新たに製作した自走発射台車両の機動及び運営状態が極悪な地上環境下で完成され、実際の弾道弾発射でその技術的指標が確定されました。

地対地中長距離戦略弾道弾「北極星2型」のテスト発射は周辺国家の安全を考慮に入れて射程の替りに高度を高める高角発射の方式で行われました。金正恩元帥は「新開発の地対地中長距離戦略弾道弾「北極星2型」は作戦利用に便利ながらも打撃の迅速性を保証出来る朝鮮式の優れた兵器システムで、発射台の車両と弾道弾の設計と製作・発射に至るまでの全てが、100%我々の知恵と力・技術によって開発された名実共に「主体弾」「主体兵器」だ」とし、我が祖国の強大な力を募らせる我々の威力ある核攻撃手段がまた一つ生まれた事に大きな満足の意を表しました。

金正恩元帥は「これで我々のロケット工業は液体ロケットエンジンから大出力固体ロケットエンジンに確固と替り、サンプル模倣型でなく開発創造型の工業に一段と発展した。新たな戦略兵器システムの開発により人民軍は水中と地上の任意のスペースで最も性格且つ迅速に戦略的任務を遂行するのが可能になった」と述べました。

金正恩元帥はテスト発射の後、地対地中長距離戦略弾道弾「北極星2型」のテスト発射に参加した国防部門の科学者と技術者・軍人達と共に記念写真を撮りました。

朝鮮の声放送ニュース抜粋(聞き書き)

ニュース抜粋2017


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-11 (土) 14:41:47