11月16日

朝鮮で11月16日は、母の日です。今から60年前のチュチェ50(1961)年11月、朝鮮で初めて全国母親大会が開かれました。子の教育と社会主義建設で模範的な女性たちが代表に選ばれました。

振り返ってみますと、チュチェ34(1945)年、国の解放と共に革命という引き車の片方の車輪を推し進める力強い勢力として登場した女性たちです。大会参加者の中には、偉大な金日成主席の導きの下に抗日革命闘争を繰り広げた女性の闘士もおり、祖国解放戦争の時、夫と息子、娘を前線に送った母親たち、婚家に子を預けて、戦争に参加した女性もいました。そして戦後の復興建設の時の女性の模範労働者と、両親を失った子供たちをわが子のように育てている人情深い母親たちもいました。

大会に臨席した金日成主席は、子の教育での母親たちの任務についての演説をしました。まさにこの日が11月16日でした。主席は母親たちの中で発揮された愛国心を高く評価し、党と政府の名で感謝しました。

主席は幼い時、母親から教わったのは一生涯忘れられない、私たちが一番長く記憶しているのは母親から聞いた話、母親の模範だとし、母親たちが子の立派な師となり、教育者にならなければならないと言いました。歴史のその日から朝鮮では、国中の祝福の中、全国母親大会が盛大に行われました。

チュチェ101(2012)年11月には、第4回全国母親大会が行われました。5人の息子、娘の母親であるピョンヤン市*1ラクラン区域*2のチョンオという町*3に住むチャン・ヘリョンさんも大会に参加しました。

「子を育てるのは母親の義務だと思います。当たり前のことをしている母親たちの小さな功績も国中が知るように高く評価しています。それで私も第4回全国母親大会に参加しました。大会に参加して、主席が第1回全国母親大会で行った演説を改めて深くかみ締めてみました。主席の言葉は、今も、母親たちが子を立派に育てるためにはどんな人になり、またどのように生きるべきかを教えています」

息子、娘を真の愛国者に育てるために、国の繁栄のために全てを尽くすことに誇りと生き甲斐を覚える朝鮮の母親たちです。

(フィーチャー)

ike211011028_001.jpg
ike211011028_003.jpg
ike211011028_002.jpg
ike211011028_004.jpg
2021.11.13の記事

子供の教育における母親の任務(全国母親大会でおこなった演説)



TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 平壌市(평양시)
*2 楽浪区域(락랑구역)
*3 貞梧洞(정오동)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-11-14 (日) 18:42:11