養殖部門の実力者

共和国のカンウォン道*1ウォンサン水産大学に国の養殖の発展に大いに貢献した科学者がいます。ウォンサン水産大学水産科学研究所の所長キル・ミョンスク博士です。

実験を担当するものとして研究所に赴任してから今に至る30数年間、国の養殖の発展に役立つ数十件の研究の成果を出しました。代表的なのが魚卵栄養免疫強化剤で、長年の研究の末、開発したものです。

いつかある養殖場に行ったのが、研究のきっかけとなりました。魚の産卵率と稚魚の生存率が著しく低下していることを知って、いろいろな角度でその原因の解明に取り掛かりました。養殖場の水質や稚魚の栄養状態などを詳しく調べ、研究の手がかりをつかむため思案を巡らしました。

その過程に、魚卵に栄養剤を投入するなら、稚魚の生存率や増重率を遥かに上げられるという研究テーマに基づいて、栄養免疫強化剤の開発のための研究に本腰を入れました。

各地の養殖場を訪ねて、魚の生理的特性と栄養状態を詳しく観察しました。それに基づいて、添加剤に利用できる生理活性物質を得るための実験を繰り返し、稚魚の消化を促す微生物による発酵処理法を見つけました。

数年間も現場導入を繰り返して、新しく開発した栄養免疫強化剤の効率を科学的に解明しました。その日々、博士号を取得し、養殖界の実力者と認められました。

キル・ミョンスクさんのお話です。

「倦むことを知らない闘志と情熱で研究の成果を上げ続けるでしょう。研究所に集団的競争の熱風を巻き起こして、国の水産業の発展に役立つ価値ある研究の成果を引き続き上げようと思っています。科学者の本分を全うするつもりです」

(今日の朝鮮)

IKE180629005_001.jpg
2018年の記事


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 江原道(강원도)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-22 (水) 13:24:47