金日成花

金日成花は、その業績によって世界の進歩的人々の心の中に永遠に生きている偉大な金日成主席の名で呼ばれる花です。

金日成主席はスカルノ大統領の招きによりチュチェ54年(1965)7月、インドネシアを訪問しました。当時、スカルノ大統領は金日成主席にドゴール植物園の園長が育種した新種の花を見せました。大統領は、世界人民の為実に大きな業績を成した金日成主席の尊名をこの花に冠しようとする自分の決心を話しました。その後10年の歳月を経て金日成花は朝鮮の大地に根を下ろしました。

金日成花は茎に3~15個のチョウチョの模様をした花が下から上の方に向かって3、4日間隔で咲き、総状花序を成します。花の直径は7~8センチメートルです。一輪の花が2ヶ月ほど咲くので一株の花は3ヶ月ほど咲き続きます。

金日成花はその美しさで国際的なフラワー展覧会と世界園芸博覧会で金賞と賞状、最優秀展示品賞と特別展示賞を授かりました。

スペイン人民共産党青年組織アルベルト・アルブルケルケ・エルナンデスさん。

「金日成花を見るたびに金日成主席が偲ばれます。金日成主席は私たちの心の中にいます。とても美しいこの花は主席の風格を完璧に代表しています」

不世出の偉人の名で呼ばれる金日成花は世界人民に愛され、永遠に美しく咲くでしょう。

(世界と朝鮮)

img_vok200412_01.jpg
img_vok200412_02.jpg
img_vok200412_03.jpg
img_vok200412_04.jpg
img_vok200412_05.jpg
img_vok200412_06.jpg
img_vok200412_07.jpg
img_vok200412_08.jpg
2020.04.12 サイト動画の聞き書き、字幕抜き書き
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-04-13 (月) 15:43:06