職場に満ち溢れる大衆スポーツの熱気

この2月、ピョンヤンで偉大な金正日総書記の生誕日の光明星節を迎えて、第24回ペクトゥ山賞中央機関公務員のスポーツ競技大会が盛況でした。今大会は4組に分かれてバスケットボール、バレーボール、テコンドー、綱引きなど各種目の競技がトーナメントの方法で行われました。

組別総合ランキングで1位になった4団体の中には、科学技術殿堂もあります。科学技術殿堂の優勝は、決して偶然ではありません。昨年、大衆スポーツが活発に行われ、従業員の誰もが熱心に技を磨きました。

副総長のキム・チョルさんのお話です。

「健康な体で科学技術の普及に励むためには、何よりも大衆スポーツを活発に行える環境が必要です。そのため、コートを増設し、立派につくることに決めました。姿を一新したコートで、従業員皆が昼食の時間など余暇を利用して競技を行い、体を鍛えています」

殿堂では、バスケットボールやバレーボールなどのコートを充実させ、大衆スポーツを活発に行っています。休みの時間を効率よく利用して、従業員の皆がスポーツの技術に磨きをかけ、課別にチームを組んで試合を行うようにしました。それで、従業員の誰もが1つ以上の種目の選手として出場し、競争の熱意を示しています。

仕事の合間にレベルアップについて議論し、ベテランの従業員が初心者を1人ずつ受け持って教えるようにしました。大衆スポーツが活気を帯びると、従業員の仕事の意欲も高まり、全てのことが順調に進みました。

課長のリ・チャンゴルさんのお話です。

「大衆スポーツが盛んになると、従業員の間で協力の精神が高まり、科学技術の普及でも成果が収められ、職場には喜びが満ち溢れています。これからも大衆スポーツを活発に行うつもりです」

競技の成果も、仕事の成果もスポーツの大衆化、日常化にその秘訣があることを日頃の生活を通して実感したここの従業員です。

(今日の朝鮮)

IKE190212019_001.jpg
IKE190212019_002.jpg
IKE190212019_003.jpg
2019年の記事
 

スポーツの大衆化スポーツの大衆化、生活化スポーツの発展のためにピョンヤン体育館活発に行われる大衆スポーツ勤労者のスポーツ競技も観戦して国中にスポーツブームを楽しい少年運動会朝鮮での「スポーツの日」吹きまくるスポーツ熱風



TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-15 (金) 21:15:23