祝日にも

ピョンヤン郊外にチャンチョン野菜専門協同農場*1があります。農場で生産される野菜は市民に日常的に供給されています。

移り変わった農場を眺めるたびに、人々は人民のために生涯、国中の農場を訪ね、また訪ねた偉大な金日成主席の優しい姿が思い起こされてなりません。

チュチェ65(1976)年8月15日、この日は朝鮮の解放の日で、農場の人たちは休みの1日を過ごしていました。当時のチャンチョン協同農場管理委員長は、思いがけなくも田んぼで主席に会いました。

梅雨時の雨が上がったばかりで蒸し暑く、あぜ道はとてもぬかるんでいました。主席は田んぼからトウモロコシ畑に足を運んで、稲穂の粒も数え、寒冷前線の影響を防ぐための具体的な方途も示しました。

かんかんと照り付ける日差しの下で長い間、農作のために腐心する主席を仰ぎ、管理委員長は思わず涙を流し、こう話しました。

「主席、今日は祖国が解放された祝日ですから、1日だけでも心安らかにいてください。1日だけでも・・・」

涙のため言葉を継げない管理委員長に優しい眼差しを送っていた主席は、ありがとう、でも、私はこのようにあなたたちと一緒に田畑で過ごすのを楽しい祝日、休みと思っていると言って、明るく微笑みました。

その日から40数年が経ちましたが、農場の人たちはその日の主席の優しい姿を忘れていません。

金日成主席と金正日総書記の指導の下に変革を遂げたこの農場は今、ピョンヤンの有名な野菜の産地に築かれました。

(偉人伝)

IKE180702028_001.jpg
2018年の記事
 


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 将泉野菜専門協同農場(장천남새전문협동농장을、장천남새전문협동조합)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-06 (月) 14:25:46