研究所の名にも気を使って

チュチェ102(2013)年10月、敬愛する最高指導者金正恩委員長が新築された中央茸研究所を訪れました。研究所の全景を満足げに眺めていた金正恩委員長は、ふとネームプレートに目をやりました。

金正恩委員長は、機関の名を中心とつけるのは朝鮮式ではない、中心というならその意味がぴんと来ないし、その傘下機関をどう呼ぶのかも問題だ、茸研究中心に傘下機関があるなら「分所」とも呼べないし、何と呼ぶだろうか、と言いました。

中央茸研究所の副所長キム・ヨンチャンさんのお話です。

「この日、金正恩委員長は、機関の名を1つつけるにしても、朝鮮式につけなければならない、茸の研究機関であることがすぐわかるように、中央茸研究所と名づけるのが良いだろう、と言いました」

自分のもの、自分の方式を大切にする金正恩委員長なので、誰も気にかけなかった名も見過ごさなかったのです。

(今日の朝鮮)

ike200207003_111.jpg
ike200207003_222.jpg
2020年の記事
 


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-15 (日) 14:17:33