生涯を田畑で

朝鮮のどの田畑に行ってみても、人民の幸せのためにささげた偉大な金日成主席の献身の足跡が印されています。

チュチェ65(1976)年8月15日、朝鮮の解放記念日を迎えて、農場のみなが祝日を楽しく過ごしていたそのときも、主席は、当時のチャンチョン協同農場*1を訪れました。麦わら帽子で真夏の太陽を塞ぎ、突然、農場を訪れた主席を迎えた農場の人は驚きを禁じ得ませんでした。

そのときの農場のあぜ道は、梅雨でぬかるみ、またとても蒸し暑かったのです。でも、主席は、田んぼからとうもろこし畑へと足を運びながら、稲粒の数も数え、寒冷戦線の影響を防ぐための具体的な方途についても相談に乗り、長時間を田畑で過ごしました。

炎天下で長い間、立っている主席に、農場の人は、「主席、今日は祝日なのに1日だけでもくつろいだらどうでしょうか。たった1日だけでも・・・」と目を潤ませて言いました。言葉もろくに出来ないその人を優しく見つめた主席は、ありがとう、けれどこのようにあなたたちと田畑で過ごすのを楽しい祝日、休息と思っていると明るく笑うのでした。

その後も主席は農場を何回も訪れました。

主席の愛情こもる献身的な指導があって、今、チャンチョン野菜専門協同農場は、ピョンヤンの誰もが知っている野菜生産農場となり、粟しか出来なかった丘には五穀実る素晴らしい現実が広がりました。

このように、金日成主席は、生涯を通して国の数々のあぜ道を絶え間なく歩んで、人民の幸せをもたらしました。

(偉人伝)

IKE180406038_001.jpg
IKE180406038_002.jpg
2018年の記事
 


TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 将泉野菜専門協同農場(장천남새전문협동농장을、장천남새전문협동조합)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-02 (水) 12:20:02