歌「金日成元帥に捧げる歌」

ウォン・ジョンソ作詞、パク・ハンギュ作曲の金日成元帥に捧げる歌」は、チュチェ45(1956)年に創作されました。百戦百勝の鋼鉄の総帥で軍事戦略家である偉大な金日成主席への朝鮮人民の限りない敬慕の念と忠誠心を歌いあげています。

20世紀前半、金日成主席は、日帝に奪われた国を取り戻すための抗日革命闘争を輝かしい勝利へと導いて国を解放しました。そして、1950年代初めのアメリカの侵略を退ける祖国解放戦争の時も卓越した指導で侵略者を打ちやぶり、英雄的な朝鮮人民の名を馳せました。

太陽の日ざしのように暖かい主席の下で、朝鮮人民の尊厳は輝き、人々は幸せな生活をエンジョイしました。歌には、勝利と栄光だけを与える主席をわれらの指導者と仰ぐ朝鮮人民の誇りと自負心が熱く込められています。アピール性に富んだ力のあるメロディーによって歌は、人みなに厳かな感情を抱かせる名曲となりました。

歌「金日成元帥に捧げる歌」は、主席に永遠に従う朝鮮人民みなの固い意志を見事に表しているので、今も広く歌われています。

IKE171110010_001.jpg
2017年の記事
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-09 (土) 11:24:51