楽しい少年運動会

共和国の全ての学校で、少年運動会は定例化しています。朝鮮少年団第8回大会が盛大に開かれた今年の少年運動会はいっそう異彩を放ちました。では、ピョンヤンのソンギョ区域*1ソンギョ初級中学校にスポットを当ててみましょう。

少年団指導員のリ・グムヒさんのお話です。

「少年運動会は、生徒たちの心理に合う色々なスポーツや遊戯、伝統の遊びを通して、心身を鍛え、集団主義の精神を養う重要な契機となっています。学校では、生徒みなが競技に参加できるよう、この度の運動会では3つのチームにしました。また、生徒たちが国を輝かす未来の主人公に準備する契機になるよう、チームも『衛星』、『未来』、『銀河』と名付けました。生徒たちも、自分の夢が込められたチームの名を好んでいます」

クラス別の行進から始まった少年運動会は、初めから活気を帯びています。軽快なメロディーに合わせて少年リズム体操と少年テコンドーが披露されます。次いで、ボールを抱えて走る競走を始め、楽しいコミック・スポーツが行なわれます。

10人1組で並び、互いに片足を結んで走る競走、紙切れに書かれた通りに特定の人を探して、一緒に走る競走、そして、綱引きと教員たちのリレーなど多彩な種目は、生徒と父兄を喜ばせます。中でも、10人1組で並び、互いに片足を結んで走る競走は、心と歩調の一致を要するもので、とても人気です。

熱狂的なエールと太鼓、どらの音が鳴り響く運動場は、試合の熱気に包まれています。時間が経つほど、運動会はシーソーゲームの展開となり、いっそう盛り上がっています。

手に汗握らせる多彩な試合のうち、一番の見ものは綱引きです。選手の生徒はもちろん、声援を送る教員、父兄も負けじ心で頑張り、一斉に発する掛け声とエールが運動場を揺るがします。

顔に汗して試合に夢中の生徒たち、赤旗を振りながら応援する教員たち、子の手に引かれて運動場に駆け出す父兄、誰の顔にも喜びと楽しみが満ち溢れています。見れば見るほど、力が湧く楽しい少年運動会です。

生徒のチェ・イルフンさんのお話です。

「このたび、片足を結んで走る競走とボールを抱えて走る競走に出場しましたが、ボールを抱えて走る競走では4球のうち1球を落として、惜しくも負けてしまいました。次の運動会では、友達と共に頑張って、きっと勝ちます」

少年運動会を通して、生徒たちは鋭気と体力を養い、未来の国を支える柱としてたくましく育っています。

IKE170503021_001.jpg
IKE170503021_002.jpg
IKE170503021_003.jpg
IKE170503021_004.jpg
2017年の記事
 

スポーツの大衆化スポーツの大衆化、生活化スポーツの発展のためにピョンヤン体育館活発に行われる大衆スポーツ勤労者のスポーツ競技も観戦して国中にスポーツブームを職場に満ち溢れる大衆スポーツの熱気朝鮮での「スポーツの日」吹きまくるスポーツ熱風



TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 船橋区域(선교구역)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-26 (月) 09:57:48