朝鮮労働党中央委員会第7期第13回政治局会議の決定実行に奮起した朝鮮人民(2)

6月7日に行われた朝鮮労働党中央委員会第7期第13回政治局会議では国の化学工業を将来を見通して発展させ、ピョンヤン市民の生活保障のための重大な問題が協議され、決定された

img_vok200708_01.jpg
img_vok200708_02.jpg

ピョンヤン・ナマズ養殖工場の課長チュ・ガラムさん。

「今回の政治局会議を機に工場の雰囲気も変わり、従業員の仕事振りに変化が起きたのがわかります。養殖池で数百万尾のナマズを育てていますが、つまづくことが多々あります。飼料とたんぱく質の供給が一番重要なことですが、従業員の中で代替飼料、リサイクル化、たんぱく質の追加飼料を解決できる妙案が多く出ています」

img_vok200708_03.jpg
img_vok200708_04.jpg
img_vok200708_05.jpg

ピョンヤン野菜科学研究所の研究者ナム・ムンスさん。

「ハウス野菜を量産するのは、単に、実務的問題ではなく、労働党の政策を実行する重要なことだということを自覚して研究に全身全霊を打ち込んでいます。水耕温室で果菜類のヘクタールあたりの収穫を高める栽培技術を確立したのに基づいて、いろいろな先進的な栽培技術を総合的に適用する研究に力を入れています。個別的な家とオフィスで栽培できる野菜の研究も活発に行なわれています」

img_vok200708_06.jpg
img_vok200708_07.jpg
img_vok200708_08.jpg

マンギョンデ革命史跡地記念品工場の支配人リョ・ビョンホさん。

「私たちが作っている製品はごらんのようにとても小さいものです。でも人民生活に直結しているので責任感を覚えています。そこで、工場の実情に合わせて国産化とリサイクル化の技術をさらに完成するプランを加えて本格的に推し進めています」

img_vok200708_09.jpg
img_vok200708_10.jpg
img_vok200708_11.jpg

(今日の朝鮮)

2020.07.08 サイト動画の字幕抜き書き
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-09 (木) 23:09:29