朝鮮労働党の導きの下 日増しに発展する社会主義文化農村

チュチェ55(1966)年4月29日、共和国では農業現物税制度を完全に廃止することについての歴史的な法令が採択されました。法令は次のようになっています。

「朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議は朝鮮労働党第4回大会の決定と『わが国における社会主義農村問題に関するテーゼ』の精神にのっとり、次のように決定する。わが国で1946年から実施してきた農業現物税制度は完全に廃止する」

農業現物税制度の完全な廃止は協同農場の経済土台をさらに強め、農民の収入を増やすための重要な措置でした。法令が採択された時からこの50年間、共和国の農村は絶えまない発展の道を辿りました。

区画整理された沃土と連綿として続く新しい水路、瀟洒なつくり農村住宅、まさに共和国の社会主義農村には、素晴らしい現実が広がり、農民の生活は日増しに向上しています。

市民に野菜を供給する農場、社会主義の景観が広がるピョンヤン市*1サドン区域*2チャンチョン野菜専門協同農場*3を見てもそれがよく分かります。赤い粘土だらけのここは、元々野菜の種まきもできないところでした。

1960年代前半までこの農場では農業が振るわず、農場員にまともな配分量を配ることも出来ずにいました。そのような農場が、農業現物税制度を廃止する法令の採択と国家の配慮により日増しに発展し、今は、社会主義農村文化建設のモデル、基準となりました。

天地開闢以来の大変革でした。

平屋とアパートがバランスよく建てられた村落とチャンチョン平野に広がるビニールハウスが一幅の絵のようです。グリーンエネルギーを目指した現代の要請に即して、数百戸の住宅に太陽熱の湯沸しと太陽電池のパネルが設けられており、メタンガスで炊事も行っています。

浴場、美容、理髪、写真、清涼飲料など日常生活に必要な施設を完備したヘルスセンター・チャンチョンウォンには遊泳場もあります。また、農場の人たちが大学のオンライン教育を受ける科学技術普及室と市内の劇場に劣らない文化会館が建てられました。そして住宅地区と並んでチャンチョン平野に広がるビニールハウスは目にもまぶしいほどです。

それで、チャンチョン野菜専門協同農場を見た訪朝客は、朝鮮が示した強盛国家の明るい未来と社会主義文明国の高さを見たと心を打ち明けました。

そのとおりです。遠からず、国中の農村が社会主義農村文化建設のモデル、基準となったチャンチョン野菜専門協同農場のようにすっかり変わるでしょう。

2016年の記事
 
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

*1 平壌市(평양시)
*2 寺洞区域(사동구역)
*3 将泉野菜専門協同農場

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-08 (土) 23:42:45