「朝鮮の声」郵便箱 2019.02.10

カン・ソンヒ(カン・ソニ):「朝鮮の声」放送へようこそ。

シン・ヨンイル:「朝鮮の声」放送へようこそ。

カン・ソンヒ:この頃の平壌は平年並みの気温が続いていますが雪等全く降らず、雪の時が珍しく思われる程です。

シン・ヨンイル:ところが先日は雨が降って、もう冬の終わりかなと思われました。

カン・ソンヒ:はい。さて、新たな理想と夢を描くようにする新年を迎えてから一ヶ月が過ぎた今も、リスナーの皆さんから新年お祝いのお手紙が相次いで届いています。

シン・ヨンイル:その中には今年の社会主義強国づくりの課題が示された敬愛する最高指導者金正恩委員長の新年の辞に接した、リスナーの皆さんの深い感動をしたためたお手紙もありますね。

カン・ソンヒ:はい、埼玉県のおかだしんやさん、おかだしんやさんはお手紙にこう書いておられました。

「希望に満ちた新年、2019年を迎える『朝鮮の声』放送のスタッフの皆さんに、最も熱く熱烈な祝賀の挨拶をお贈りします。敬愛する最高指導者金正恩元帥は新年2019年を迎え、歴史的な新年の辞を述べました。金正恩元帥は新年の辞で“自力更生の旗を高く掲げ、社会主義建設の新たな進撃路を開いて行こう”というスローガンを示し、社会主義強国づくりの為の重要課題を示しました。元帥の新年の辞はチュチェの朝鮮の永遠なる勝利と繁栄の道を明確に示した綱領となる指針で、朝鮮人民の進むべき新たな進撃路を明らかにした灯台〓〓〓〓〓。元帥の正しい導きの下に今年朝鮮人民が、自力更生の革命精神を持って社会主義強国づくりで世人を驚嘆させる奇跡と革新を創造していくものと確信しております」

シン・ヨンイル:おかだしんやさんも手紙に書いておられましたが“自力更生の旗を高く掲げ、社会主義建設の新たな進撃路を開いて行こう”、これは金正恩委員長が示した、今年朝鮮人民が社会主義強国づくりの全ての部門で掲げて行くべきスローガンです。

カン・ソンヒ:自力更生は朝鮮革命の伝統的で威力ある闘いの方式です。今の闘いでの勝利の鍵は、時代の要請に即して自力更生のスローガンを一層高く掲げて行く処にあります。

シン・ヨンイル:この自力更生ですが朝鮮革命では歴史が古く、素手で鉛筆爆弾を作って日本帝国主義者に打ち勝った抗日革命闘争にルーツがあります。

カン・ソンヒ:この自力更生・刻苦奮闘の革命精神があって朝鮮人民は帝国主義連合勢力を打ち破って国と民族の自主権を守り、廃墟から立ち直って社会主義建設で絶え間無い奇跡と革新を創造する事が出来ました。自力更生・刻苦奮闘の革命精神は正に朝鮮革命の原動力であり、チュチェの時代の脈動、奇跡創造の尽きない源泉です。

シン・ヨンイル:今年もリスナーの皆さんは、朝鮮人民は“自力更生の旗を高く掲げ、社会主義建設の新たな進撃路を開いて行こう”というスローガンを高く掲げ飛躍の熱風を巻き起こしている姿を、放送を通して実感出来るでしょう。

カン・ソンヒ:今年の朝鮮人民の奮闘を励まして下さったおかだしんやさん、どうもありがとうございます。

シン・ヨンイル:この頃「朝鮮の声」放送を聞き始めたニューフェースの方々からも、お手紙が届いています。先ず、東京都のあらきともひささん、あらきともひささんが昨年12月23日付の放送をお聞きになってお送りになったお手紙をお読みしましょう

「初めてお便りを差し上げます。私は以前から共和国について興味があり、もっと詳しく情報を手にしたい思っていたところ貴局の活動をインターネットで知り、夏頃に短波ラジオを買いました。実際に放送を聞いてみたところ躍進する社会主義の朝鮮の姿が手に取るように分かるニュースや、音楽コーナーで流れる朝鮮の歌謡、民謡等、興味深い内容ばかりで短波ラジオを買ってよかったと思っています。今年の朝鮮を巡る動きは本当に劇的でした。思えば去年はアメリカが共和国に対する制裁封鎖を一段と強め、日本でも皆、あわや戦争かと口々に言っていました。しかし金正恩委員長は度重なる挑発にも沈着に行動し、朝鮮の北と南の首脳会談、そして朝米の首脳会談に漕ぎ着け朝鮮の統一へ向けて大きく歩みました。この劇的な出来事から私には、金正恩委員長の分断されてしまった民族人民を思う温かい心がはっきりと伝わって来ました。融和の歩みを進む来年こそ朝鮮が民族の手で自主的に、そして平和的に統一される事を祈っています。今後は機会があれば是非朝鮮を訪れ、金剛山等の名勝を巡ると共に白頭山や民主首都平壌を訪れて、金日成主席と金正日総書記の革命の足跡を辿ってみたいと思っています。朝鮮の冬は寒いと聞きますが、どうかお体に気をつけて朝鮮を世界へと発信する意義あるお仕事を頑張って下さい」

カン・ソンヒ:お手紙を通じて知り合ったばかりのあらきともひささんですが、このお手紙はまるで莫逆の友から送られたもののように感じられますね。初めてお聞きになった放送の番組があらきさんに、力強く進む社会主義の朝鮮についてリアルに伝え興味を持たせたようですが、スタッフも喜んでいます。

シン・ヨンイル:特に昨年、敬愛する最高指導者金正恩委員長によって綴られた劇的な出来事に対するあらきさんの分析と判断、それに基づいての金正恩委員長への敬慕の念はスタッフの皆を大きく感動させました。

カン・ソンヒ:また朝鮮の統一偉業への積極的な支持と連帯の立場を通じて、平和と正義を重んじるあらきさんの熱い思いが感じられました。

シン・ヨンイル:あらきさんと知り合いになった事をスタッフの皆は大変嬉しく思っております。またこれから友情を深めて参りたい気持ちも一杯になります。

カン・ソンヒ:お金で買えないのが友人であり同志だと思います。スタッフの皆はこれからも、あらきともひささんのようなリスナーの皆さんのご要望にお応えして一層頑張って参るでしょう。朝鮮の姿を世界に一層広く伝えるつもりです。

シン・ヨンイル:あらきともひささんを改めて歓迎致します。

カン・ソンヒ:あらきともひささんの訪朝を心から期待しております。

シン・ヨンイル:訪朝なされば金剛山や白頭山等の名所巡りと万寿台の丘の偉大な金日成主席と偉大な金正日総書記の銅像を訪ねて、その不滅の業績を振り返りながら平壌の全景を眺める事も出来るでしょう。

カン・ソンヒ:スタッフともお会い出来るあらきともひささんの訪朝をお待ちしております。

シン・ヨンイル:では今日はこの辺で。リスナーの皆さん、次のこの時間にまたお会いしましょう。

(「朝鮮の声」郵便箱)

2019.02.10 サイト音声再生不可、短波放送聞き書き、一部不明
 

TOP英数字あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行贈り物資料

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-11 (月) 17:25:34